本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

適応放射線治療

適応放射線治療は、日々の画像診断を利用して、治療中に発生する解剖学的な違いを補正する治療アプローチです。画像はほぼ毎日撮影されます。大幅な差異が認められた場合、再治療計画が検討されます。もちろん、放射線治療計画システムはこのアプローチにおいて重要な役割を果たします。RaySearch社は、カナダのトロントにあるプリンセスマーガレット病院など、世界中の主要ながんセンターと協力して、適応計画の先駆けとなっています。その結果、RayStationは、臨床現場で適応放射線治療をより速く簡単に行えるように特別に設計されています。
以下に示すように、線量追跡と適応再治療計画のためのモジュールが含まれています。

適応放射線治療と線量追跡の概要

線量追跡

RayStationの線量追跡モジュールを使用することにより、実際に患者へ照射された線量、日々の変化、治療期間中の傾向を評価することができます。

治療期間中、患者の位置決めのために、毎日または定期的にフラクション画像が取得されます。CT、PET / CT、コーンビームCT、MRから取得された画像を使用して、1日あたりの照射線量を評価することができます。

RayStationの線量追跡モジュールを使用すると、共通ジオメトリの異なるフラクションから線量を再計算、変形、積算し、患者に照射される実際の線量を計算することができます。

  • CBCTに基づく線量計算
  • 複数フラクションにわたる線量積算も容易
  • 積算変型線量評価のための専用ワークスペース
  • フラクションスケジュールには、照射されたフラクション、撮影された画像、照射可能な線量を表示
  • 計画線量と照射線量を同期並列表示

線量追跡の準備

デフォーマブル・レジストレーション

患者画像が取得されると、RayStationのデフォーマブル・レジストレーション機能により、プランニングデータセット上のストラクチャーを線量評価用のフラクションデータセットに移し込むことができます。また、照射された線量を計画CTに変形して戻し、そのフラクションまでの計画線量と比較するために積算することができます。デフォーマブル・レジストレーションにより、フラクションデータセット上での高速な輪郭作成も可能になります。登録済みの変形情報を利用して、プランニング画像セットやその他のフラクション画像セットの輪郭を新しい画像に移し込むことができます。

  • 4D-CTを含む画像間のROI輪郭またはメッシュの移し込み
  • Hybrid intensity変型アルゴリズムを推奨(GPUサポート)
  • 生体力学モデルベースの変形アルゴリズム(MORFEUS)を搭載
  • デフォーマブル・レジストレーションの分析と評価のためのツールを搭載

適応再治療計画

適応再治療計画

線量追跡によって収集された情報に基づいて、治療計画を変更するかどうかを決定できます。

適応再治療計画モジュールは、積算線量と患者の形状の観察された偏差を考慮に入れた広範囲の適応型オフラインまたはオンライン再計画ツールを提供します。 その後、計画を再最適化および調整して、線量範囲の問題を補正したり、調整された臨床目標に適応したりできます。構造ごとに最適化目標を設定して、将来の画分のみの線量レベルを保証したり、リスクのある臓器の総線量制約を満たすためにすでに送達された線量を含めることができます。

再計画オプションの範囲は、ビームの重みの調整などの単純な適応から、強度変調の再最適化を伴う完全な再計画までです。トレーションの分析と評価のためのツールを搭載

  • 適応型の再計画ワークスペース。
  • 配信および再計画された分数を示す分数スケジュール。
  • 計画作成、計画最適化、計画承認の関連部分を含むツールバー。
  • 計画分数に基づいて計画を作成しました。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。

  • 製造販売元:レイサーチ・ジャパン株式会社
  • 販売元:株式会社日立製作所
  • 販売名:放射線治療計画ソフトウェア RayStation
  • 医療機器承認番号:22900BZI00014000
  • 外国製造医療機器等特例承認取得者:RaySearch Laboratories AB
  • 選任外国製造医療機器等製造販売業者:レイサーチ・ジャパン株式会社

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。