本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

TPS-451C

TPS-451C

高感度3He比例計数管を使用した中性子サーベイメータです。
熱中性子から約15MeVまでの中性子の測定が可能です。

加速器、中性子線源、核融合実験装置や原子炉など中性子が発生する周辺区域の1cm線量当量(率)を測定するのに最適なサーベイメータです。
検出器には3He比例計数管を使用し、熱中性子から約15MeVまでのエネルギー範囲で正確な中性子による1cm線量当量を指示し、μSv / h〜mSv / h単位の中性子による1cm線量当量率を感度良く測定します。

仕様

測定線種 中性子線
検出器 3He比例計数管
エネルギー範囲 0.025eV〜約15MeV(ICRP.74レスポンス準拠)
測定範囲 線量率
0.01μSv/h〜10mSv/h
積算線量
0.01〜9,999μSv
測定レンジ アナログ(5桁対数レートメータ)
0.1〜104μSv/h
デジタル(4桁液晶表示)
0.01〜9,999μSv/h
0.01〜9,999μSv
電源 リチウム電池
またはACアダプタ(AC100V)
電池寿命 連続80時間以上(リチウム電池にて)
外形寸法 約(W)21×(D)34×(H)25cm
質量 約 9 kg(電池含む)

装置についての詳細なお問合せは、最寄りの弊社支店または営業所までお問合せください。(各営業所のページへ)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。