本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

TCS-232B

TCS-232B

ZnS(Ag)シンチレータ検出器を採用し、α線を効率良く測定できるサーベイメータです。

計数率表示をアナログメータとデジタル表示で同時に行うため指示値が読み取りやすく、さらに積算計数もデジタル表示できるα線測定用のシンチレーションサーベイメータです。
検出器にはα線の汚染検出に最適なZnS(Ag)シンチレータを採用しています。

仕様

測定線種 α
検出器 ZnS(Ag)シンチレーション検出器
機器効率
(計数効率)
32.5%/2π±25%以内
241Am、10×15cm、距離5mmにて)
測定レンジ アナログ表示
0〜100、300、1k、3k、10k、30k、100kmin-1(7段切換 リニア目盛)
デジタル表示
計数率:0〜999min-1、1.00〜9.99kmin-1、10.0〜99.9kmin-1
計数:0〜999,999counts
時定数 3、10、30秒
電源 一次電池:単2形アルカリ乾電池×4
または二次電池:リチウムイオン二次電池(専用充電器が必要です)
またはACアダプタ(AC100V)
電池寿命 連続100時間以上(一次電池)
連続30時間以上(二次電池)
外形寸法 約(W)11×(D)29×(H)16cm
質量 約 1.9 kg(検出器、一次電池含む)

※ 二次電池、専用充電器、ACアダプタはオプションです。

装置についての詳細なお問合せは、最寄りの弊社支店または営業所までお問合せください。(各営業所のページへ)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。