本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

骨密度測定装置

DCS-900FX

DCS-900FX

腰椎・大腿骨・前腕骨をX線で測定します。走査装置と撮影台が分離した設計により、撮影台を一般X線撮影装置や市販品の撮影台と組合せることが可能、既存のX線室や限られた空間にも設置が可能です。
ハイスペックでコンパクト。そして圧倒的なユーザビリティ。
骨密度測定器メーカーとして進化を続けてきた「技術」と「誇り」の結晶をお届けします。

ALPHYS A

ALPHYS A

車椅子の被検者にも快適に使えるユーザビリティ。被検者への負担を軽減する安心設計と高速測定。常識にとらわれない発想が前腕用のX線骨密度測定装置「ALPHYS A」を生み出しました。もっと使いやすく進化を遂げた「ALPHYS A」をご体感ください。

DCS-600EXV

DCS-600EXV

前腕骨を約15秒で測定します。前腕骨は加齢による骨の変形を受け難く、高齢者の測定に適しています。ファンビームX線方式とマルチチャンネル検出器を搭載し、高精細画像と優れた精度が特徴です。解析においては関心領域を自動検出するので、オペレーター間での個人差がない結果へ導くことができます。

超音波骨密度測定装置

AOS-100SA

AOS-100SA

日常の検査からスクリーニングまで、高齢者から小児まで、気温の変化など、超音波骨密度測定装置に求められる使用環境は様々です。どの場面においても頼もしい装置、それがAOS-100SAです。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。