本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

トピックス

日立が切り開いてきた光トポグラフィ[NIRS(近赤外線分光法)、fNIRS]による脳機能イメージングの歴史 1995年、日立の研究グループはNIRSによる脳機能のイメージング(光トポグラフィ)に世界で初めて成功しました。国内・海外で多くの賞を受賞し、世界的にも高く評価されています

ETG-4100 / ETG-4100P

ETG-4100 / ETG-4100P

光トポグラフィー検査はもちろん幅広い研究にもご使用いただける装置です。
(計測最大 ETG-4100:52ch / ETG-4100P:31ch)
頭部のさまざまな部位を計測可能で、データ解析に便利な機能も備えています。

ETG-one

ETG-one

光トポグラフィー検査(精神科向け)の専用装置です。(計測最大22ch)
施設環境に合わせ、3つのタイプでの設置が可能です。
(モニタ一体 / カート取付 / モニタ分離)

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。