本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

短時間で的確な診断を行うために進化した、高精度画像テクノロジー。

日立独自の新しい技術を駆使することで、画質をワンランク上のレベルまで向上。オープンMRIは、通常のMRIでは難しい部位や姿勢での撮像が可能なため、臨床への新たな応用が期待されています。

垂直磁場方式

オープンMRIは、垂直方向に磁場が発生している垂直磁場方式です。垂直磁場方式では、ソレノイド型受信コイルが使用できるため、同じ磁場強度であれば水平磁場方式MRI装置よりも高い信号をえることができます。

垂直磁場方式

磁石技術+ECC機能

MRI装置において、安定した画像と高画質のキーをなるのが“過電流抑制”です。過電流により傾斜磁場波形が崩れ、画像の歪み等を起こし画像劣化の原因となります。日立は、磁石自体に過電流抑制技術を適用しただけでなく、発生する過電流量を予測して抑制するECC機能を搭載しました。

磁石技術+ECC機能

High Recon Image

High Recon Image

日立オープンMRI装置では初めて画像再構成マトリクス2048×2048*1を実現。これからの高精細イメージングに対応しました。

*1:撮像条件により異なります。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。