本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

国内最大級の高エネルギーX線CTによる撮像サービス

受託撮像サービスとしては国内最大級の9MVの高エネルギーX線により今まで困難と思われていた大きな物品のCT撮影をすることができます。
日立は、通常のX線管方式に対し、より透過力の強い高エネルギーX線源を使用することにより、鉄、銅などの密度が高い材料の製品も撮像できます。
X線CTデジタルスキャニングサービスはお客さまの「被検体」を撮像し、製品の検査、リバースエンジニアリングに利用可能なデジタルデータをご提供いたします。

このサービスで以下のことができます。

  1. 断面が見られる
  2. 三次元化データが得られる
  3. 鋳造品などの鋳巣の観察・検出ができる
  4. 内部の欠陥を観察・検出できる
  5. 密度を観察・測定できる
  6. 3次元形状計測ができる

撮像装置仕様
撮像用装置 HiXCT-9M
X線エネルギー 9MV
撮像方式 第3世代 *1 HiBrid *2 第2世代 *3
分解能 0.4mm 0.2mm 0.3mm
被検体サイズ Φ600mm-1000mm(H) Φ800mm-1000mm(H)
被検体重量 100kg
透過長 アルミニウム: 960mm、鉄: 320mm
定価(200枚) 75万円 125万円 400万円
*1
1回転方式
*2
日立独自方式
*3
回転、並進併用

撮像事例

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。