本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

産業用X線CT装置

実物の形状や内容物の密度をデジタル情報として得る事ができます。このデジタル情報から実物では見られない内部寸法・内部形状・位置情報・密度情報などを計測することができます。

独自の検出器

HiXCTシリーズには「HiR」と呼ばれる独自に開発した高感度・高性能検出器が装備されています。 さらにHiR検出器の特性を活かすための専用検出回路も開発しました。透過力の高い高エネルギーX線は、検出器も透過してしまいます。日立では、この高エネルギーX線を感度よく検出する検出器を1980年代から開発をしており、今でも継続しています。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。