本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Supria Advance FR めざす医療にシステムで応える

Simple Dose Report

CT画像と同様にセカンダリーキャプチャー画像として、線量情報をPACSに送信することが可能です。
PACSの画像ビューアを利用し、CT画像と一緒に線量情報を簡便に確認することができます。

DICOM SR

DICOM規格を使用し、線量情報をDICOM構造化レポート(DICOM SR)としてPACSなどへ送信することが可能です。

DICOM SR

3ユニット構成

ガントリ、寝台、オペレーションコンソールだけの構成*を実現。システムトランスや別ユニットがなく、検査室のスペースを有効活用できます。

*電源電圧200Vの場合

3ユニット構成

Eco modeで待機時の消費電力を抑制

On-time Standby機能とOff-time mode機能を搭載。これらの機能で構成されるEco mode機能によって、ガントリ内の機器の消費電力やX線検出器の通電時間を抑制し、待機時の消費電力を抑制します。

Eco modeで待機時の消費電力を抑制

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。