本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Supria Advance FR めざす医療に機能で応える

HiMARで金属アーチファクトの低減

HiMAR(High Quality Metal Artifact Reduction)は金属データをもとにアーチファクトを推定し補正を行うもので、日立独自のアルゴリズムを採用しています。

OFF
OFF

イメージ

ON
ON

日立独自の被検者負担軽減

体動による画像のズレを補正する機能を搭載しており、撮影後でも体動補正が可能です。
また、円背の被検者などで有効視野からはみ出してしまった場合でも、最大有効視野内であれば、再撮影することなく、画像再構成が可能です。

体動補正

はみ出し補正

様々な体位の被検者も撮影可能

被検者の不安を低減する750mmの大口径ボアと最大有効視野で様々な体位の被検者にも撮影が可能です。

様々な体位の被検者も撮影可能

Quick Entryで直感的な操作性を実現

撮影ボタンはキーボードのすぐ上のインターホンボックスにあり、操作ボタンも少なく、文字も大きく、分かりやすい日本語表示で検査を効率よくサポートします。

Quick Entryで直感的な操作性を実現

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。