本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Supria Advance

これからの医療現場でさらにニーズが高まる、診断の早さと正確性。
そのために必要となる数々の機能を搭載しながら、
よりコンパクトに、より使いやすく、そして、導入の容易さを追求。
一切の妥協を許さず、常識を覆した新スタンダードCT、それがSupria Advance〜スプリア アドバンス〜。

Open & Compact

Open & Compact

コンパクトでありながらガントリ開口径75cmを実現

Open & Compact

16列CTとしてトップクラス*1の開口径と
コンパクトさを両立

*1: 2013年7月現在当社調べ     

Open & Compact

ガントリ、寝台、操作卓だけの真の3ユニット構成。
操作室、CT室のシステムトランスや
別ユニットなどがなく、スペースを有効活用

Performance

Performance

コンパクトなのに高性能

1秒未満の高速回転とサブミリスライスにより高精細な画像を提供。

Performance

Performance

日立独自の3次元画像再構成アルゴリズムであるCORE法(特許4360817号)を採用。
ハイピッチ撮影でも、アーチファクトを低減した良好な画像に。

Image Quality

Image Quality

Intelli IP RAPID
CTのノイズ低減効果と、高画質化技術として期待される「逐次近似再構成」の原理を応用した、先進のノイズ低減技術を搭載しました。必要最小限の被ばく線量と、画像ノイズやアーチファクトの低減による高画質化を同時に実現します。ご施設の運用ポリシーに沿った低ノイズ化を実現するために、ノイズ低減の強度を7段階用意しました。さらにIntelli IP に加えて演算を大幅に高速化したIntelli IP RAPIDを用意いたしました。

image

HiMAR
HiMAR(High Quality Metal Artifact Reduction)は金属データをもとにアーチファクトを推定し補正を行うもので、日立独自のアルゴリズムを採用しています。

image

Friendly

Friendly

image

Eco mode
Eco modeには2つの機能があります。On-time Standbyと
呼ぶ機能はガントリに内蔵する機器を制御することで、
消費電力を抑制する機能です。さらにOff-time modeと
呼ぶ機能を搭載しています。これは、X線検出器は
特性安定化を目的に非使用時も通電していますが、
この通電時間を抑制することで待機時消費電力を
より抑制する機能です。これらの機能によるEco modeは
従来タイプのSupriaと比較し消費電力を最大35%低減する
ことができます。

WIDE & COMPACT
24型ワイドモニタで、必要な情報を一目でわかりやすく。
2モニタ方式と比べ、コンパクトな操作環境を実現。

EASY & Quick
操作ボタンが少なく文字も大きな簡単操作モードも装備し、
不慣れな方も安心して操作。わかりやすい日本語表示

image

image

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。