本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

riskPointer version 2

riskPointerは、肺野CT画像から低吸収領域(LAA:Low Attenuation Area)の面積や%LAA(肺野領域に占めるLAAの百分率)を算出するソフトウェアです。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とCT検査

image

COPDの特徴のひとつである肺気腫は、主に喫煙を原因として、肺胞壁が破壊される疾患とされています。そして、適切なしきい値を設定することによって、肺気腫はCT画像上に低吸収領域(LAA)として描出されます。

監修:
株式会社 日立製作所 日立健康管理センタ
放射線診断科 主任医長 中川徹先生

わかりやすい画像で被検者に説明

image

riskPointerは肺野内の肺胞壁の破壊に相当する低吸収領域(LAA)に色を付けて表示します。インフォームドコンセントなどで被検者に対して検査結果を説明する場合に、従来の数値による説明に比べ、視覚的にわかりやすく伝えることが可能です。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。