本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Perfusion解析は、脳血流動態に関する機能画像を簡単、迅速に作成します。

臨床画像

臨床画像

解析結果

頭部造影CT画像から次の機能画像を作成します。

  • 局所脳血流量(CBF:Cerebral Blood Flow):
    脳組織単位重量(100g)あたりの毎分流量 単位[mL/100g/分]
  • 局所脳血液量(CBV:Cerebral Blood Volume):
    脳組織単位重量(100g)あたりの血管容積 単位[mL/100g]
  • 局所平均通過時間(MTT:Mean Transit Time):
    脳組織を循環するのに必要な時間 単位[秒]

動作環境

      ○対応装置
        SCENARIA、Supria装置本体コンソールおよび装置に対応するHyper Q-Net
      ○レポート印刷
        Internet Explorer(IE)6、IE7、IE8またはIE9を使用して印刷(CT本体では不可)
        ソフトウェアのバージョンにより、対応するIEのバージョンが異なります。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。