本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Coronary Analysis は造影された心臓CT画像をもとに、冠動脈の評価・観察を支援するソフトウェアです。

冠動脈領域を自動で抽出、ラベリング

image

冠動脈領域の抽出からラベリングまで自動で処理することができます。また、心臓領域も自動で抽出されるため、Angio Graphic Viewの表示も可能です。

* AGV:Angio Graphic View

冠動脈別に効率良く観察

image

冠動脈別表示では、ラベリングした芯線のCPR(ナチュラルView/ストレートView)、直交断面を表示することができ、芯線の修正も可能です。また、タブによって「RCA」「LAD」「LCX」の表示を簡単に切り替えることができます。

施設ごとにカスタマイズして簡単に画像出力

image

3D画像を保存する角度は、施設ごとにカスタマイズすることができ、毎回同じ角度で簡単に保存することができます。CPR画像や直交断面は、保存する角度範囲・間隔が設定可能です。保存形式は、カラーDICOMやBMP形式などが選択できます。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。