本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

Abdomen Analysisは、2Dまたは3Dで内臓脂肪と皮下脂肪に相当するCT値面積を算出するソフトウェアです。

内臓脂肪と大腰筋を同時解析

image

内臓脂肪や皮下脂肪に加え、大腰筋や筋内脂肪に相当するCT値面積を同時に算出可能です。また、スライスごとの2D解析(スライス処理)と複数スライスの3D解析(ボリューム処理)があります。

3種類の解析結果表示(ボリューム処理)

image

ボリューム処理の場合、解析結果の表示方法が「3D表示」「グラフ表示」「リスト表示」の3種類あります。表示はタブで切り替えることができ、目的に応じた画像を簡単に表示することが可能です。

検査レポートの作成や画像保存が簡単に

image

スライス処理では、今回と前回の比較検査レポートや内臓脂肪解析と大腰筋解析の混合検査レポートが作成できます。
ボリューム処理では、画像レイアウトの設定や必要な解析結果を選択することで、用途に合わせたレポートの作成が可能です。また、解析結果のリストをテキスト形式(CSV)で出力することも可能です。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。