本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

日立の超音波診断装置には数多くの技術が盛り込まれています。ここではそれらの技術を解説しています。

Real-time Tissue Elastography

このElastographyによって、今まで指先の感覚で行なっていた触診を客観的に映像化し、腫瘍の良悪性鑑別の一助となりえる情報が得ることができます。ここではそのElastographyの仕組みを解説します。

Real-time Virtual Sonography

Real-time Virtual Sonographyとは、CTボリュームデータから超音波画像と同一断面のCT再構成画像をリアルタイムに描画するシステムです。概要を少しご紹介しています。

2D-Tissue Tracking

2D Tissue Trackingが心筋壁厚変化を数値化、より正確な局所収縮能の把握を可能にします。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。