本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

日立の超音波診断装置には数多くの技術が盛り込まれています。ここではそれらの技術を解説しています。

eFocusing

S/Nの改善とフォーカス依存性の低減を実現しました。

4G CMUT

半導体プロセスによるCMUT技術を用いたプローブです。

VFM(Vector Flow Mapping)

心臓内の血流速度をベクトルを用いて可視化する技術です。

Elastography

組織の硬さをリアルタイムに映像化する技術です。

RVS(Real-time Virtual Sonography)

CT・MRIなどのボリュームデータと超音波画像を同期させる機能です。

Scan-Synced Control

プローブの動きによるフリーズなどの操作を実現しました。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。