本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

MRI入門

MRI初心者の方にもわかりやすくアニメーション付きで解説しています。

MRIの原理

MRIの原理やMRI画像の特長、MRI装置の構成を解説しています。

撮像原理

MRIの撮像には2次元フーリエ変換(2DFT)画像再構成という手法を用いています。この手法について、メトロノームをもちいて分りやすく解説しています。

生体情報

MR画像は形態情報だけでなく、生体情報が得られるという特長があります。その生体情報に関連するT1値、T2値について解説しています。

スピンの話

MRIの本質を理解するには「スピン」のふるまいを知る必要がありますが、その現象は非常に難解です。その挙動を分りやすく解説しています。

MRI撮像の実際

MRIはパルスシーケンスと呼ばれるタイムチャートにしたがって、傾斜磁場と照射パルスをコントロールすることにより、撮像をおこないます。

撮像の高速化

実際のMRIは撮像時間の高速化や診断機能の向上のために、さまざまな撮像手法が用いられています。

不要な信号を抑制する技術

MRI画像は組織コントラストが高いことが特長としてあげられます。この組織コントラストを積極的にコントロールし、不要な組織からの信号を抑制するパルスシーケンス「反転回復法」について解説しています。

画像再構成手法の不思議(その1)

画像再構成の手法について、実際の撮像手法に沿った一歩踏み込んだ解説をしています。

画像再構成手法の不思議(その2)完結編

画像再構成の手法についての解説、完結編です。

MRI撮像パラメータシミュレーション

複雑に影響しあうMRIの撮像パラメータの効果をシミュレーションで確かめてみることができます。

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。