本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

超音波診断装置「ARIETTA 50」
超音波診断装置「ARIETTA 50」

 株式会社日立製作所ヘルスケアビジネスユニット(以下、日立)は、超音波診断装置の新製品「ARIETTA 50」(アリエッタ 50)シリーズを1月21日から販売開始します。
 本製品はコンパクトな形状と使いやすさから、クリニックから病院の診察室・病棟までを対象としたARIETTAシリーズのエントリーモデルです。検査に集中できる直感的なワークフロー、高画質な診断画像、日常診断を支援する使いやすいアプリケーションにより放射線科、産婦人科、循環器科など幅広い診療科の検査をサポートします。

 超音波診断装置は低侵襲であり、扱いや移動がしやすくリアルタイムに検査が可能であることから、医療現場に欠かせない検査機器となっています。一方、探触子の当て方や設定など、描出する画像が検査者に依存しやすいため、超音波診断装置は誰でも簡便に操作できる使いやすさが重視されます。
 日立は、1960年に世界で初めて医用超音波診断装置を開発して以来、画質の向上やアプリケーションの提供に加え、より使いやすい超音波診断装置の開発に努めてきました。操作パネルやモニタの可動域と検査者のポジションを検証し、製品に反映することで、検査者の負担の少ない検査環境を提供しています。

 今回、販売開始するARIETTA 50シリーズは人間工学に配慮した装置デザインを採用しています。21.5インチのLCDワイドモニタや検査者が操作しやすい角度の10.1インチタッチパネルにより、座位や立位などさまざまな検査スタイルに対応します。また操作ボタンを整理したパネルレイアウトやイラストによる操作画面は直感的でスムーズな操作を実現します。ARIETTA 50シリーズはARIETTA 50とARIETTA 50LEの2モデルを販売します。

新製品の特徴

1. 検査に集中できる直感的なワークフロー:Carefree Workflow

 エントリークラスでありながら21.5インチLCDワイドモニタや操作しやすい角度に配置した10.1インチタッチパネルなど人間工学に基づいた装置デザインを採用しました。また必要最小限のボタンを配置した操作パネル、イラストによる分かりやすい操作画面によりシンプルで直感的な検査が可能です。さらに同一被検者の場合は検査履歴から過去に保存した画像を読み出すことで、同じ条件で検査をすることができるため経過観察が容易に行えます。

2. 明瞭な診断画像を提供する画像処理技術:Clear Imaging

 ARIETTAシリーズで培った画像処理技術を踏襲することで、ノイズの少ない高画質な画像を提供します。診断の妨げになる組織のアーチファクトを低減し、境界を強調して表示するSilky Image Processing (SIP)や、超音波ビームをリアルタイムかつ多方向に送受信し、それぞれの画像を重ね合わせることで、超音波の散乱により発生するスペックルノイズを低減し、コントラスト分解能を向上させるCompound Imagingなどの画像処理技術により、視認性の良い画像を提供、病変を明瞭に観察することができます。

3. 日常診断をサポートし、簡単な操作が可能なアプリケーション:Clean Application

 心筋梗塞や脳卒中などの起因となる動脈硬化のリスク評価として、超音波を使用して頸動脈の壁の厚さを測定することが有用とされています。ARIETTA 50シリーズでは血管の壁の厚さを自動で計測するAuto IMT(Intima-Media Thickness) *機能を搭載しています。計測に使用する画像を手動で選択する必要がないため、検査時間の短縮や検査者による依存性が解消され、客観的な評価が可能です。また、リニアプローブ走査時にビームを広げて深部を広角に観察することができるトラペゾイドスキャンが可能です。高周波であるリニアプローブでありながら、表在組織だけでなく広い視野で対象物を観察することができます。

*
オプション機能。

販売名および販売価格

販売名および販売価格
販売名 定価(税抜き) 提供開始時期
超音波診断装置 ARIETTA 50
 (医療機器認証番号:第230ABBZX00125000号)
\25,000,000〜 2019年2月上旬
*
構成により価格は異なります。
*
本製品はARIETTA 50またはARIETTA 50LEと呼称します。

「ARIETTA 50」の製品ページ

照会先

株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット グローバルビジネス統括本部[担当:高山]
〒110-0015 東京都台東区東上野二丁目16番1号 上野イーストタワー
電話:03-6284-3100(直通)

以上

本サイトは医療従事者向け情報を含みます。