本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケアITEM2016 国際医用画像総合展

日立放射線治療システム ユーザーシンポジウム 2016

日程 4月16日(土)  19:00〜21:00(18:30開場)
会場 横浜ベイホテル東急

座長 神宮 啓一 先生(東北大学大学院医学系研究科 放射線腫瘍学分野 教授)

演者:名和 要武 先生(東京大学医学部附属病院 放射線科 放射線治療部門 医学物理室室長)
演題名:Pinnacle Auto-Planning

演者:宮部 結城 先生(京都大学医学部附属病院 放射線治療科 特定講師)
演題名:治療計画装置RayStationにより実現する高精度放射線治療

演者:八木 雅史先生(大阪大学大学院医学系研究科重粒子線治療学寄附講座)
演題名:RayBiologyの使用経験

演者:三浦 英治先生(広島がん高精度放射線治療センター)
演題名: VMAT治療計画におけるロバスト最適化の可能性

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

本サイトは、日立製作所製品に関する情報を医療従事者様向けに提供することを目的に作成されています。
一般の方への情報提供を目的としたものではございませんので、ご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?

yes no