本文へジャンプ

Hitachi

ヘルスケア

VISION

DI x AI(Diagnostic Imaging with Artificial Intelligence)
日立はAI・ビッグデータ・IoTなどのデジタルテクノロジーを医用画像診断に応用し、画像診断を中心とした検査全体の効率化と高度化の実現をめざしています。

現在、肺がん、未破裂脳動脈瘤などの病変候補を検出する技術開発に取り組んでいます。
この技術は、読影時の病変見落としの低減や読影効率の向上などにつながると考えています。
また、病変候補の検出だけではなく、病変候補のサイズ計測やレポート作成の自動化の技術開発にも取り組んでおり、将来的には読影全体の支援の実用化をめざしています。

肺がんCAD

肺がんCAD:
胸部CT画像から病変候補を検出する技術を開発しています。

脳動脈瘤CAD

脳動脈瘤CAD:
頭部MRA画像から病変候補を検出する技術を開発しています。