ページの本文へ

Hitachi

エネルギー

発電所で発電された電力は、長距離送電のロスを低減するため、変圧器などの変電機器で高電圧に昇圧され送電されます。電圧を高めるほど送電ロスが低減できることから、主要構成機器である変圧器・ガス遮断器・ガス絶縁開閉装置などは、古い歴史を持った機器でありながら常に技術革新をはかり、高電圧化・大電流化が推し進められてきました。

国内では500kV、海外では1,000kV級の電圧による送電が実用化されており、日立は、これら高電圧、大電流を制御する分野で豊富な実績を積み重ねてきており、高い信頼性が求められる大容量の変電機器を世界各地に納入してきました。

今後も、当社は送変電システムのリーディングカンパニーとして、社会インフラの中核である電力の安定供給に貢献していきます。

系統用変圧器(TR)

系統の課題用途にフィットした最新技術を駆使

発電所用変圧器(MTR)

電源の特長に合わせた多様なバリエーション

ガス絶縁開閉装置(GIS)

UHV技術にも対応した豊富な製品ラインナップ

ガス遮断器(GCB)

増加傾向にある機器リプレースにも適確に対応

変電所システム

顧客ニーズに対応してフルターンキーで一括提供

高電圧大電力試験(HPL)

最新鋭の試験施設と高度なシミュレーション技術

高圧直流送電(HVDC)

再生可能エネルギー電源の系統連系や長距離送電を支えるソリューション