ページの本文へ

Hitachi

防衛・社会インフラ安全保障

各種電力関係ソリューション技術とシステムエンジニアリングにより次世代の船舶用統合電気推進システムをご提供しています。
また、再生可能エネルギーから安定した電力を供給し、CO2の削減に貢献する循環型再生可能エネルギーシステムをご提供しています。

統合電気推進システム

統合電気推進システムの技術マップ
統合電気推進システムの技術マップ
画像を拡大する

統合電気推進システム
統合電気推進システム
画像を拡大する

統合電気推進システムは、主発電機で電気推進装置および艦内電源に電力を供給する、国産の艦船では初の統合給電方式を採用しました。電気推進装置は、短時間の高出力と容易な前進・後進の切換を可能にしました。砕氷艦「しらせ」にも搭載されている本システムは、燃焼効率・環境性能および操船機能の向上に寄与している、次世代の艦艇・船舶推進システムです。
また、本システムは産業用電動機、電力制御パワーデバイスなどの実績ある製品群から構成されており、高信頼性も実現しています。

砕氷艦しらせ用電気推進システム

発電機および電源装置

発電機および電源装置

護衛艦や補助艦などの艦艇にも搭載された、高い耐振動性能・耐衝撃性能を誇る発電機および電源装置です。

循環型再生可能エネルギーシステム

風力発電など発電電力の変動が大きい再生可能エネルギーを平準化し、安定的に供給する手段として、電力を水素に変換・備蓄し、必要なときに電力へ変換することが可能なシステムです。
取り扱いが難しい水素を安定した液体のメチルシクロへキサン(MCH)の形態で備蓄することで、社会インフラへ適応可能となりました。
燃料移送が困難・割高となる離島や極地、さらにマイクログリッドなどにおいて再生可能エネルギーから安定したエネルギーを供給し、CO2削減に貢献します。

循環型再生可能エネルギーシステム
循環型再生可能エネルギーシステムの仕組み
画像を拡大する