ページの本文へ

Hitachi

ドローンソリューション

コンセプト

ドローン

×

デジタル

×

協創

社会課題の解決 Quality of life 向上

画像

ドローンプラットフォーム

日立は、用途に応じた最適な機体・撮影機材の選定から、安全・安心な自律飛行を支援する運用・保守、
さらにはドローンで取得したデータの利活用まで、さまざまなサービスメニューを組み合わせた
コンサルティングやSIサービスなどのソリューションをワンストップでご提供します。

  • 適用分野
  • インフラ点検
  • 物流
  • 災害・警備・測定など
  • 利活用ソリューション
  • 共通プラットフォーム
  • 運航管理システム(UTM)
  • ドローン運用統合管理センター(株式会社日立システムズ)
画像アイコン、テキストをクリックすると、詳細情報をご覧になれます。
画像

ドローン利活用ソリューション

ドローンを活用することで、安全なインフラ点検、空からの物流、災害状況の把握、重要施設の警備など、
生活をより安全に豊かにし、業務効率を向上するソリューションをご提供します。
 飛行計画、運航状況の管理を行い、目視外での自律飛行や異なる事業者(利用者)が
同じ空域を安全に飛べる仕組みをご提供します。

業務を効率化

画像 画像

ドローンやその撮影データを活用することで、インフラ点検保守、空からの物流、災害状況の把握、重要施設の警備などの業務効率向上を支援します。

安全を確保

画像 画像

飛行計画、運航状況の管理を行い、目視外での自律飛行を含めた安全な空域、運航管理や不審ドローンに対する重要施設の警備を支援します。

商用利用を支援

画像 画像

迅速に事業を始めることが出来るように様々な用途でご活用いただける多彩なソリューションをご用意しております。

画像

運航管理システム(UTM)

安全・安心なドローンの自律飛行を支援する運航管理システム
(UTM=Unmanned Aerial System Traffic Management)により、
目視外でのドローンの自律飛行と各種業務の効率化を実現します。

ドローンを安全に運航させるには、飛行空域の利用計画の調整、適切な運用状況の把握が必要であり、有人機を含めた運航リスクの把握が必要です。日立ドローン運航管理システムは、飛行空域における事故の未然防止を支援し、空の交通管理を行う各種機能を提供致します。
また、目視外の長距離飛行や複数機体の安全な運航管理により、ドローンを活用する事業者や公共機関における業務の効率化と安定したオペレーションを支援します。

  • マルチベンダー/複数機体の
    運航状況を管理
  • 飛行計画、飛行状況の
    情報共有
  • 物流や災害対応などの
    様々なユースケースに対応
・様々なミッションを持つ複数のドローンの飛行状況を管理して安全な運航をサポート・各ミッションにおけるお客さまの業務効率の向上を実現
画面イメージ
画像

画像提供:国土地理院

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。