ページの本文へ

Hitachi

統合サービスプラットフォーム BladeSymphony

製品

ビジネスの「今」とともに変化する。

ラック写真

ビジネスの要請に応え、イノベーションをリードするIT。

ビジネスのグローバル化、サービス化の進展、市場スピードや不確実性の高まり、モバイル・ソーシャルメディアの台頭 ― 変わり続けるビジネス環境。その時、IT基盤にはビジネスの要請に応え、新たなイノベーションをリードする役割が求められています。

統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」は、ブレードサーバを核に、ストレージ、ネットワーク、ミドルウェアを一体化させ、全体最適化を実現する先進のプラットフォームです。

システムの仮想化、統合管理、省電力運用など、次世代プラットフォームの要となる技術に日立の開発リソースとノウハウを投入。ビッグデータの利活用、ビジネスアナリティクス、業務のクラウド化、高機能社会インフラなど、これからの時代のITに求められるさまざまな用途に柔軟に対応し、お客さまのビジネスを強力にバックアップします。

規模や用途に応じた幅広い構成ラインアップを用意。
システムとしての調和を図り、全体最適を追求します。

製品体系図 ブレードサーバー ストレージ ネットワーク サーバ仮想化 システム管理ソフトウェア プラットフォームソリューション システム管理ソフトウェア サポートサービス

BladeSymphonyの特長

運用性 ― 統合管理で、複雑なシステムをシンプルに。

ブレードサーバ、ストレージ、ネットワークで構成されるシステム全体を統合的に管理。
さらに、仮想化プラットフォームの運用を一元管理することで、成長するクラウド環境における大規模・複雑なシステムも容易に管理できます。

拡張性 ― 日立独自の仮想化技術で、ビジネスの変化に即応。

独自開発のサーバ仮想化機構により、業務負荷に応じたタイムリーなリソース配分を実現。
メモリーやI/Oも大容量に拡張できるため、基幹系などの大規模システムでも、仮想化環境を容易に利用できます。

可用性 ― 高信頼・高可用性機能で、ビジネスの継続性を向上。

メインフレーム開発で培った日立独自の高信頼・高可用性機能を投入し、ハードウェアの高信頼・高可用性を実現。
さらに、N+1コールドスタンバイや高速ホットスタンバイ構成により、システム全体の安定稼働を実現します。

環境対応 ― システムやハードウェアレベルで省電力化を推進。

統合システム運用管理「JP1」のジョブ管理機能や仮想化技術の活用によりシステムレベルでの省電力化を推進。
さらに、電源の節電機能や電力モニタリングなど、ハードウェアレベルでも多彩な省電力化技術を搭載しています。

ソリューション ― 経営環境の変化に即したソリューションを提供。

BladeSymphonyの特長を生かし、ビッグデータ処理基盤、高信頼クラウド基盤など、お客さまの経営環境の変化に即したプラットフォームソリューションを提供します。

サポートサービス ― プラットフォームの安定稼働を支援。

お問い合わせ窓口を一本化したサポートサービスで、お客さまシステムの問題解決を迅速化。
長期間BladeSymphonyをより安心してお使いいただけるハードウェア保守「ロングライフサポートサービス」も提供します。

モノづくりへのこだわり

日立のサーバ製品は、信頼性が厳しく要求されるメインフレームで培ったノウハウや品質基準のもと、先進の生産設備と熟練技術者の手によって、日立のコンピュータ事業の中核を担ってきた神奈川事業所で開発・製造されています。