本文へジャンプ

統合サービスプラットフォームBladeSymphony

uVALUE 実業×IT

Hitachi

ドライバ

掲載番号:4184003

このドライバについて

本ページで提供するのは以下のドライバです。

ドライバの更新手順にて具体的な手順及び注意事項を確認の上、

ファイルのダウンロードよりファイルをダウンロードしていただくようお願いします。

 

【注意事項】

本ドライバ及びユーティリティをご使用になる場合は、必ず、事前に以下のファームウェアにアップデート後に実施してください。

BS500 BS520H サーバブレード A1/B1モデル 統合 F/W :01-92以降

BS500 BS520H サーバブレード A2/B2モデル 統合 F/W :04-22以降

BS2000 標準サーバブレード S3/R3モデル EFIファームウェア:09-61/10-61

BS2000 標準サーバブレード S4/R4モデル EFIファームウェア:11-33/12-33

BS2000 高性能サーバブレード A2モデル EFIファームウェア:07-61/08-61

上記装置に搭載するEmulex CNA/LAN ファームウェア: 4.6.348.0

BS520A A1モデル、 BS540A A1/B1モデルをご使用の場合、本ドライバ及びユーティリティは適用できません。

 

対象装置

(形名 )

BS500 BS520H サーバブレード B1/B2モデル オンボードCNA

(GG*GC0B1) (GG*GC0B2)

BS500 Emulex 10Gb 4ポート コンバージドネットワーク拡張カード

(GG-CN3MXG2N1/GG-CN3MXG2N1EX/GG-CN3MXG2N3/GG-CN3MXG2N3EX)

BS500 Emulex 10Gb 4ポート LAN拡張カード

(GG-CN3MXG2N2/GG-CN3MXG2N2EX/GG-CN3MXG2N4/GG-CN3MXG2N4EX)

BS2000 Emulex 10Gb 2ポート コンバージドネットワーク拡張カード

(GV-CN2MXG3N1/GV-CN2MXG3N1EX/GV-CN2MXG3N2/GV-CN2MXG3N2EX)

BS2000 Emulex 10Gb 4ポート コンバージドネットワーク拡張カード

(GV-CN2MXG4N1/GV-CN2MXG4N1EX/GV-CN2MXG4N2/GV-CN2MXG4N2EX)

BS2000 Emulex 10Gb 2ポート LAN拡張カード

(GV-CN2MXG1N1/GV-CN2MXG1N1EX/GV-CN2MXG1N2/GV-CN2MXG1N2EX)

BS2000 Emulex 10Gb 4ポート LAN拡張カード

(GV-CN2MXG2N1/GV-CN2MXG2N1EX/GV-CN2MXG2N2/GV-CN2MXG2N2EX)

BS2000 Emulex 10Gb 2ポート コンバージドネットワークボード

(GV-CN2NXG3N1/GV-CN2NXG3N1BX/GV-CN2NXG3N2/GV-CN2NXG3N2BX/

 GZ-CN2NXG3N1/GZ-CN2NXG3N1BX)

BS2000 I/Oスロット拡張装置用 Emulex 10Gb 2ポート コンバージドネットワークボード

(GV-CN2DXG3N1/GV-CN2DXG3N1EX/GV-CN2DXG3N2EX/GV-CN2DXG3N2EX/

 GZ-CN2DXG3N1/GZ-CN2DXG3N1EX)

BS500 BS520H Virtage 占有 NIC (Emulex 10Gb)

BS2000 Virtage 占有 NIC (Emulex 10Gb)

対象 OS

Windows Server(R) 2012 R2 Standard

Windows Server(R) 2012 R2 Datacenter

Windows Server(R) 2012 Standard

Windows Server(R) 2012 Datacenter

Windows Server(R) 2008 R2 Standard

Windows Server(R) 2008 R2 Enterprise

Windows Server(R) 2008 R2 Datacenter

Windows Server(R) 2008 Standard

Windows Server(R) 2008 Enterprise

Windows Server(R) 2008 Datacenter

Windows Server(R) 2008 Standard without Hyper-V(TM)

Windows Server(R) 2008 Enterprise without Hyper-V(TM)

Windows Server(R) 2008 Datacenter without Hyper-V(TM)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5.7 (x86)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5.7 (AMD/Intel 64)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5.9 (x86)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 5.9 (AMD/Intel 64)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6.2 (32-bit x86)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6.2 (64-bit x86_64)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6.4 (32-bit x86)

Red Hat(R) Enterprise Linux(R) 6.4 (64-bit x86_64)

Version

Windows NIC Driver Version 4.6.142.8/10.0.430.1003

Windows iSCSI Driver Version 4.6.130.0/4.9.130.0

Windows FCoE Driver Version 2.74.14.1/2.76.002.001

Linux NIC Driver Version 4.6.352.0

Linux iSCSI Driver Version 4.6.176.0/4.6.188.0

Linux FCoE Driver Version 8.3.7.20/8.2.2.18

NIC Teaming Kit Version 2.8.4-2

Windows OneCommaned Manager Version 6.3.16.1-1

Linux OneCommand Manager Version 6.3.16.2

重要性*1

2. ドライバ来歴を参照

影響範囲*1

2. ドライバ来歴を参照

ファイル

Zip形式 197,742,043Bytes

*1  重要性および影響範囲の定義

 

ファイルのダウンロード

 

⇒  ダウンロードはこちらから

ダウンロードの際には、正規にご購入された国内のお客様のみ、かつ、「お客様へのお願い」「ご使用条件」を良くご理解いただき、「同意いただける」場合のみダウンロードが可能となります。

 

Linuxドライバについて当該製品以前のバージョンを正規にご購入されているユーザは、本ソフトウェアを GNU General Public Licenseに基づいて、使用、改変、複製、配布が許諾されます。また、第三者に営利目的で譲渡若しくは貸与することはできません。

 

   (ダウンロードファイル名を『 CNA_Drv_02-01.zip』としてください。)

 

ドライバの更新手順

本手順は、「このドライバについて」の「対象装置 (形名)」に対して、ドライバの更新を実施する為に提供されています。

 

ドライバを更新する手順を以下に示します。

 

目次

  1.対象装置

  2.ドライバ来歴

  3.サポートされているオペレーティングシステムのバージョン

  4.ドライバの更新準備

  5.ドライバ・バージョンの確認

  6.ドライバの更新方法

  7.更新後のドライバ・バージョンの確認

  8.使用上の注意

 

1.対象装置

「このドライバについて」の「対象装置 (形名)」欄を対象しています。

 

2.ドライバ来歴

このドライバは、次の機能拡張とバグ修正を含みます。

zipファイル

バージョン

バージョン

重要性*1

影響範囲*1

内容

01-00

4.2.390.6

(Windows NIC Driver)

 

軽微

機能追加

(1)NIC Teaming Kitを用いた ロードバランシング機能をサポートしました。

(2)NIC Teaming Kitで作成したチームを Hyper-Vの仮想ネットワークで使用できるようになりました。

4.2.456.0

(Linux NIC Driver)

 

軽微

機能追加

2.7.2-24

(NIC Teaming Kit)

軽微

機能追加

6.1.34.1

(OneCommaned Manager)

軽微

機能追加

02-01

4.6.142.8/10.0.430.1003

(Windows NIC Driver)

軽微

機能追加

新規ドライバおよびユーティリティを適用しました。

4.6.130.0/4.9.160.0

(Windows iSCSI Driver)

軽微

機能追加

2.74.14.1/2.76.002.001

(Windows FCoE Driver)

軽微

機能追加

 

4.6.176.0/4.6.188.0

(Linux iSCSI Driver)

軽微

機能追加

8.3.7.20/8.2.2.18

(Linux FCoE Driver)

軽微

機能追加

2.8.4-2

(NIC Teaming Kit)

軽微

機能追加

6.3.16.1-1

(Windows OneCommand Manager)

軽微

機能追加

6.3.16.2

(Linux OneComand Manager)

軽微

機能追加

4.6.352.0

(Linux NIC Driver)

重要

可用性向上

hbonding機能をサポートしました。

*1  重要性および影響範囲の定義

 

3.サポートされているオペレーティングシステムのバージョン

「このドライバについて」の「対象 OS」欄のOSのみサポートしています。

 

4.ドライバの更新準備

以下の手順で、ダウンロードファイルを展開してください

(1) ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

 

5.ドライバ・バージョンの確認

6.ドライバの更新方法

7.更新後のドライバ・バージョンの確認

以下の URLよりマニュアルをダウンロードしてご参照ください。

 

http://www.hitachi.co.jp/products/bladesymphony/download/manual/manual.html

 

マニュアル名称は以下となります。

 

 BladeSymphony BS2000/BS500 Emulex 製アダプタ ユーザーズガイド ドライバ編

 BladeSymphony BS2000/BS500 Emulex 製アダプタ ユーザーズガイド ハードウェア編

 BladeSymphony BS2000/BS500 Emulex 製アダプタ ユーザーズガイド ユーティリティ編

 LAN 拡張機能設定手順書 (Emulex 編)

 

8.使用上の注意

(1) 当該製品のユーザは、本ソフトウェアを使用することのみできます。

 複製または第三者に営利目的で譲渡若しくは貸与することはできません。

(2) 本ソフトウェアを翻案、翻訳、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルすることはできません。

(3) 本ソフトウェアに瑕疵が無いことを保証するものではありません。