ページの本文へ

Hitachi

統合サービスプラットフォーム BladeSymphony

住友化学システムサービス株式会社

住友化学システムサービスは、システム品質を保ちながら住友化学グループ人事システムのSAP®アップグレードとWindows®マイグレーションをどうして実現できたのか?

住友化学グループのSAP®人事システムの更新にあたり、住友化学システムサービスはBladeSymphonyを採用。UNIXからWindows®に移行しながらミッションクリティカル性を実現。

基礎化学、石油化学、精密化学、情報電子化学、農業化学、医薬の6事業分野にわたり、幅広い製品をグローバルに提供する住友化学株式会社。そして、システムのコンサルテーションから構築・運用・技術支援に至るまで、シームレスなソリューションサービスを提供するのが、住友化学システムサービス株式会社だ。ITソリューション企業として長年培ってきた豊富な業務知識・技術ノウハウに基づき、化学・製薬業界を中心としたお客さまに付加価値の高いサービスを提供している。同社が手掛ける住友化学グループのERPシステムは、SAP® R/3®のサポート期限を控えており、UNIXサーバのハードウェア保守の終了も近づいている状況であり、ERPシステムの更新が急がれた。そこで求められたのは、SAP®アップグレードと並行して、コストメリットに優れたWindows®環境へマイグレーションすること。プラットフォームに選ばれたのは、オープン環境でも信頼性を維持できるBladeSymphonyだった。

プロジェクトリーダーの課題

法改正対応により求められるSAP®人事システムのアップグレード。この機会に、Windows®へのマイグレーションで高い信頼性・可用性を実現したい。

写真:住友化学システムサービス株式会社 情報企画部長 白石 寿太郎 氏住友化学システムサービス株式会社
APサービス事業部 開発部 グループリーダー
山田 勝行 氏

今回の開発プロジェクトのお客さまである住友化学では、信頼性や性能面での優位性からERPシステムにUNIXサーバを採用されていました。しかし、UNIXサーバのハードウェア保守の終了が近づき、さらに、SAP® R/3® 4.6Cのサポート期限が迫っていました。特に人事領域においては法改正に対応するためSAP® ERPへのアップグレードが必要で、緊急な対応が求められていました。こうしたなかで我々が目指したのは、SAP®アップグレードと同時に、他社でも事例を積み重ねているWindows®環境へのマイグレーションを実現することでした。

プロジェクトマネージャーの課題

Windows®環境で高い信頼性・可用性を保てるかが、今回のプロジェクトの成功要件でした。

写真:住友化学システムサービス株式会社 情報企画部 副部長 IT推進課長 菅藤 透 氏住友化学システムサービス株式会社
インフラサービス事業部 運用部 マネージャー
羽藤 紀夫 氏

短期間で人事システムをアップグレードすると同時に、Windows®マイグレーションを行うというプロジェクトでした。その上、住友化学グループ20数社、10,000名以上の人事情報を扱うミッションクリティカルな基幹システムなので、システムの稼働率は落とせません。処理性能に関しても、現行と同等程度のものを求めていました。いかにしてWindows®環境で高い信頼性・可用性を保てるか、これが今回のプロジェクトの成功要件でした。

システムの信頼性を確保するために、UNIXサーバと同等の運用レベルを維持したい。

写真:住友化学システムサービス株式会社 情報企画部 IT推進課 高橋 友幸 氏住友化学システムサービス株式会社
インフラサービス事業部 運用部 マネージャー
田悟 之久 氏

Windows®マイグレーションにあたって、UNIXサーバと同等の信頼性を確保できるのか、運用面でも同等のレベルを保てるのか、という点を懸念していました。運用に手間がかかるようでは、システムの信頼性は保てません。OSが変わっても運用レベルを変えずに、我々がいかに効率よく運用していけるかが重要なポイントでした。

BladeSymphonyによるソリューション

UNIXベースのSAP®人事システムをBladeSymphony BS1000の5ブレードに集約。
Windows® 環境へのマイグレーションと同時にSAP®アップグレードを実現しました。

住友化学システムサービスは、2008年5月から本プロジェクトに着手。すでに別プロジェクトでBladeSymphonyを導入した実績があり、その性能・拡張性・信頼性の確かさ、日立製作所と日立コンサルティングによる共同提案の実現性、そして、日立のSAP®構築力の高さを評価し、2008年8月、BladeSymphony BS1000を導入。複数筐体のUNIXサーバをWindows® 環境のBS1000の5ブレードに集約し、省スペース化・省電力化を実現しました。ストレージにはHitachi Adaptable Modular Storage 1000を採用。マイグレーション・アップグレードを行い、2009年5月より本番稼働を開始しています。

N+1コールドスタンバイによりサーバ稼働率を確保

Windows®環境での信頼性確保の要件に対しては、N+1コールドスタンバイで対応。OSやサーバ環境をまるごとストレージに格納し、起動もストレージから行うSANブート構成により、万一のハードウェア障害の際には、現行機から予備機にハードウェアを切り替えて、すばやく業務を復旧できます。また、切り替え作業は自動化されているため、同期作業などのミスがなく、安心して運用することが可能です。人事本番機の稼働率を高めるため、今回の構成では1+1でのコールドスタンバイ構成としました。

ShadowImageによりバックアップを効率化

ストレージ内の1つの論理ボリュームから複数のレプリカを作成できるShadowImage機能により、オンライン業務の停止を最小限に抑えながらバックアップ処理が可能になります。これにより、UNIXサーバと同等の可用性を維持できました。さらに、BladeSymphonyのデプロイメントマネージャにより、システム領域においても迅速な回復を実現できます。

リモート電源操作により運用負担削減

BladeSymphonyのシステム管理ツールにより、リモートでの電源操作を実現。問題発生時の運用負担を大きく削減することができました。

住友化学グループの新人事システム概要
図による説明:住友化学グループの新人事システム概要

プロジェクトリーダーのメリット

Windows®マイグレーションにより、高い信頼性・可用性を実現できました。 山田 勝行 氏

Windows®の採用はコスト面でもメリットがあり、業界内でもUNIXサーバから移行する動きが強まっています。そのため、今回のプロジェクトによりWindows®へのマイグレーションの経験を積めたことは大きいと思います。こうしたなかで、BladeSymphonyは基幹システムに欠かせない高い信頼性・可用性を確保するための機能を備えており、我々の要件を満たしてくれたと思います。

プロジェクトマネージャーのメリット

日立グループのトータルソリューションにより、高品質なシステムを構築できました。 羽藤 紀夫 氏

BladeSymphonyの採用に際しては、日立コンサルティングとの共同提案によるマイグレーション・アップグレードの実現性を高く評価しました。キックオフから本番稼働まで約1年というプロジェクトでしたが、高品質なシステムを構築できたと思います。N+1コールドスタンバイによりWindows®環境でもサーバの稼働率を確保できていますし、これまで障害はまったくありません。オンライン/バッチ処理時間も短縮され、性能面でも満足しています。

UNIXサーバと同等の運用レベルを実現し、システムの信頼性を確保できました。 田悟 之久 氏

ShadowImadeによるバックアップの効率化やリモート電源操作などにより、UNIXサーバと同等の運用レベルを維持できていると思います。まだ使う機会はありませんが、N+1コールドスタンバイの切り替え作業も自動化されているようですし、運用面でも安心感があります。サービスを安定供給するインフラ作りにマッチした多彩な機能をBladeSymphonyは備えているので、使い続けながらさまざまな機能を評価していきたいですね。

写真:左から山田 勝行 氏 羽藤 紀夫 氏 田悟 之久 氏

将来の計画

さまざまな先進技術を採用し、お客さまのご要望にお応えしたい。 山田 勝行 氏

お客さまにおいては、コスト削減のためのさまざまな取り組みを推進されています。お客さまの経営戦略に応えるために、さまざまな先進技術を取り入れていきたい。BladeSymphonyには、Virtageというハードウェアで実現する仮想化機構をサポートしていると伺っております。こうした先進的な技術を用いて、お客さまのご要望にお応えしたいと思います。

[お客さまプロフィール]住友化学システムサービス株式会社

住友化学システムサービス株式会社 ロゴマーク

住友化学グループのシステム部門として長年培ってきた豊富な業務知識・技術ノウハウに基づいて、多彩なパートナーとの最適なコラボレーションにより、システムのコンサルテーションから構築・運用・技術支援に至るまでシームレスに、より安価で良質なソリューションサービスを提供している。

[本社] (東京) 東京都中央区新川2-27-1 / (大阪)大阪市中央区道修町2-2-8
[設立] 1989年8月24日
[従業員数] 345名

[お客さまプロフィール]住友化学株式会社

住友化学株式会社 ロゴマーク

100を超えるグループ会社とともに、基礎化学、石油化学、精密化学、情報電子化学、農業化学、医薬の6事業分野にわたり、幅広い製品をグローバルに提供。グローバルなビジネスを通じて、資源、エネルギー、食糧、環境といった国際社会が抱える問題の解決に貢献している。

[本社] (東京) 東京都中央区新川2-27-1 / (大阪)大阪市中央区北浜4-5-33
[設立] 1925年6月1日
[従業員数] 26,902名 (2009年3月31日現在)

特記事項

  • BladeSymphony Live Report 2009年10月号掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。