Hitachi

もどる

地球の表面の(やく)70%は水におおわれています。
でもそのうち、人間が直接(ちょくせつ)飲める状態(じょうたい)の水は、わずか0.01%程度にすぎません。

出典:国土交通省「平成23年版日本の水資源」

その水を世界中のみんなと分け合っているのです。

しかし、雨はどこでも同じように()ってはくれません。
雨の多い地域(ちいき)と雨の少ない地域(ちいき)があり、
使える水の(りょう)地域(ちいき)によってバラバラなのです。

しかも生活が(ゆた)かになるにつれ、水を使う(りょう)もどんどん()えてきています。
このため、世界の9億人近(おくにんちか)くの人が安全な水を使えていない、といわれています。

出典:国土交通省「平成23年版日本の水資源」

日本は世界の中でも雨が多い地域(ちいき)ですが、
川の流れが急なため、そのほとんどがすぐに海へ流れて行ってしまいます。
だから、生活に使える水はけっして多いとはいえません。

しかも、生活に必要(ひつよう)な水はどんどん()えて、
この30年で(やく)2倍になっています。

出典:国土交通省「平成23年版日本の水資源」

おもな原因(げんいん)としてトイレが水洗式(すいせんしき)になったり、お風呂(ふろ)に入る回数が()えたことがあげられます。
便利(べんり)さや快適(かいてき)さを(もと)めれば(もと)めるほど、水を使う(りょう)()えてしまうのです。

さて、(わたし)たちの平均的(へいきんてき)な1日の生活を考えてみましょう。
どれだけの水を使っているのでしょうか?

(はん)をつくったり、皿を(あら)う時など、家の中でみんなのために使う水の(りょう)(ふく)めると、
なんと1人1日当たり(やく)300リットル近く使っていることになります。

出典:国土交通省「平成23年版日本の水資源」

ただ、日本の場合、ここ数年は使う水の(りょう)がゆるやかに少なくなってきています。
これはどうしてなのでしょうか?

それはみんなが水の大切さに気づきはじめたからなのです。
(わたし)たちひとりひとりが努力(どりょく)すれば、少ない水でも大切に分けあって使えるのです。

出典:国土交通省「平成23年版日本の水資源」

水の使いすぎ 流しっぱなしをやめて、こまめに止めよう!

水は、長い旅の途中(とちゅう)で、雨となり、川に流れ、わずかな(りょう)が使える水として、(わたし)たちのところにやってきます。その水を世界中の人と分け合っていることをお勉強しましたね。

水は(かぎ)りある資源(しげん)だということ、ひとりひとりが大切に水を使っていくことが重要(じゅうよう)であることが分かってもらえたでしょうか?

みんなも今日から自分ができる節水(せっすい)をやってみましょう!

水の世界トップへ