Hitachi

電車を時間どおりに動かすしくみ

もどる

いつも時間どおりに走れるのはなぜ?

時刻表(じこくひょう)を見て、駅に行けば、電車はいつも時間どおりに走ってる。当たり前だけど、それってホントはすごいことなんだ。

一体、どんなしくみがあるんだろう?

一体、どんなしくみがあるんだろう?

よ〜く考えられた電車のダイヤ。

いつ、どこで、どれくらいの人たちが電車に乗るか。これらを予測(よそく)して、何本の電車をどれくらいの間隔(かんかく)で走らせるかについての計画がたてられるんだ。この電車の運行計画を「ダイヤ」というんだよ。

ダイヤを正確(せいかく)につくることが、時間どおりに電車を走らせるために重要(じゅうよう)なんだ。

電車の運行を正確(せいかく)にコントロール!

ダイヤづくりのほかに重要(じゅうよう)なのが、運転指令室(うんてんしれいしつ)でのしごと。ここにあるコンピューターで、司令員(しれいいん)さんが電車の位置(いち)速度(そくど)をチェックしているんだ。

そして、電車のダイヤを守れるように、信号機(しんごうき)や運転手さんに指示(しじ)を出してコントロールしているんだ。

おくれが出ても、すぐに元どおり。

電車におくれが出た場合、もとのダイヤに(もど)すために、すぐに運行計画が変更(へんこう)されるんだ。

昔は、運転手さんがお(たが)いに連絡(れんらく)をとりあって変更(へんこう)(つた)えていたから、みんなに知らせるのは大変(たいへん)だったんだ。でも今はコンピューターを通して一度に多くの運転手さんに知らせることができるから、連絡(れんらく)がとてもスムーズになったんだ。

正確(せいかく)な日本の電車。

日本の電車は世界からみると、信じられないほど正確(せいかく)に走っているんだ。

正確(せいかく)に運行できるのは、日本の技術力(ぎじゅつりょく)や鉄道会社の技術水準(ぎじゅつすいじゅん)がとても高いからなんだ。

世界にほこる日本の電車。

とても細かいダイヤをもとに、正確(せいかく)に走る日本の電車。

日立は、ダイヤを管理(かんり)するコンピューターをつくって、信号(しんごう)や運転手さんに指示(しじ)を出したり、利用者(りようしゃ)運行情報(うんこうじょうほう)(つた)えたりするお手伝(てつだ)いをしているんだ。

もくじへもどる

交通の世界トップへ