Hitachi

もどる

月の()()観察(かんさつ)

日々、位置(いち)()え、()()けを()(かえ)す月。昔から人間は、月の()()けの周期(しゅうき)から(こよみ)を作り生活に役立てるとともに、鑑賞(かんしょう)対象(たいしょう)にしてきました。そんな昔の人の気持ちを(おも)いうかべながら、月の()()けのふしぎを(さぐ)ってみましょう。

いろいろな月の形

月は毎夜、形を()えています。目に見えない新月(しんげつ)から三日月(みかづき)、半円の月、丸い満月(まんげつ)になり、今度は()けていきます。そして、もとの新月(しんげつ)にもどるまではおよそ29.5日。昔の人は、この月の()()けで日にちを数えていました。(たと)えば、15日目の月である満月(まんげつ)を見つけたら「ああ、今日は15日だ!」とわかったわけです。月と人間は、いまの時代よりも生活に強くむすびついていたんですね。

月は太陽に()らされて光っている。

月は自分で光っているのではなく、実は太陽に()らされて光っています。月は地球のまわりを回っているので、太陽の光に()らされる場所が()わり、光の当たらないところはかげとなって見えません。このため、地球から見ると月が()()けしているように見えるわけです。

実際(じっさい)に月の()()けを毎日観察(かんさつ)するのは大変(たいへん)です。ここでは月の形がどう変化(へんか)するかを紹介(しょうかい)します。どんなふうに月が()()けするか学びましょう。

月の()()けを観察(かんさつ)してみよう!

月の()()けを観察(かんさつ)してみよう!

1日目の月
新月(しんげつ)
太陽の方角にあるので見られない月

この1日目の月を日本では「朔月(さくげつ)」とも()んでいます。「(さく)」は「はじめ」という意味で、月の()()けがここから始まるよ、ということ。実際(じっさい)には昼間の太陽の方角に月が出ているので、地球からは見られません。

2日目の月
二日月(ふつかづき)
糸のように細い月

新月の翌日(よくじつ)、太陽がしずんだ後、西の空の(ひく)いところを(さが)してみましょう。糸のように細い月が見つかります。この月は「二日月(ふつかづき)」と()ばれ、秋には20分くらい、他の季節(きせつ)でも1時間くらいで、しずんで見えなくなってしまいます。

3日目の月
三日月(みかづき)
(ねが)いをかなえてくれる月

3日目の月「三日月(みかづき)」は、太陽がしずむころ、西の(ひく)い空に見つかります。でも、ビルや山があると、それにさえぎられて、なかなか見ることができません。だから、見つけられたら幸運があると考えられてきました。戦国(せんごく)時代の武将(ぶしょう)(かぶと)三日月(みかづき)をつけて必勝(ひっしょう)(ねが)ったり、学校や会社のマーク、国旗(こっき)に使われたりしています。

7日目の月
上弦(じょうげん)の月】
弓の形に()ている月

この月は、満月(まんげつ)(たて)に半分に切った形をしています。太陽の光が右半分を()らしているので地球から見ると半円に見えるわけですね。弓の形に()ているところから「弓張月(ゆみはりづき)」とも()ばれています。「上弦(じょうげん)」というのは、夜中に西の空にしずむときにカーブしている方が下になり、弓の(つる)が上にあることをいいます。

13日目の月
十三夜(じゅうさんや)
満月(まんげつ)まであと少しの月

13日目の月「十三夜(じゅうさんや)」は、満月(まんげつ)に次いで美しいとされている月です。古くから豆や(くり)をお(そな)えしてお月見が行われてきました。これから()ちていく様子が縁起(えんぎ)()い月として親しまれてきたわけですね。

15日目の月
満月(まんげつ)
ひときわ(かがや)いている月

もっとも丸い状態(じょうたい)になるのが15日目の月「満月(まんげつ)」です。月と太陽をむすぶ線上に地球が位置(いち)し、太陽の光が月全体を()らしているので他の形の月とは明るさもちがいます。また、満月(まんげつ)だけは一晩(ひとばん)中見ることができるのも大きな特徴(とくちょう)です。この日の月は「十五夜(じゅうごや)」とも()ばれています。

16日目の月
十六夜(いざよい)
17日目の月
立待月(たちまちづき)

月の出が十五夜より少しおそくなっているのを「月がはずかしがっている」と見立てたのが「十六夜(いざよい)」です。その次の17日目の月の出はさらにおそく、外に立って待っていたことから「立待月(たちまちづき)」と()ばれています。どちらも新月に向かって、少しずつ()けていく月となります。

18日目の月
居待月(いまちづき)
19日目の月
寝待月(ねまちづき)

満月(まんげつ)(さかい)に月の出が次第におそくなるため、18日目の月は(すわ)って待つことから「居待月(いまちづき)」と()ばれています。19日目の月はさらに月の出がおそくなるため、()て待つことから「寝待月(ねまちづき)」と()ばれるようになりました。これらの月は、夜が明けるまで(かがや)いており、太陽がのぼる前まで西の空で白くすきとおったように見えます。

23日目の月
下弦(かげん)の月】
おそい時間にあらわれる月

上弦(じょうげん)の月とはまったく反対で、同じ半月でも左側(ひだりがわ)半分が(かがや)いて見えるのが「下弦(かげん)の月」です。この月は弓張月(ゆみはりづき)のひとつで、弓の(つる)を下にした形でしずみますが、だいたい夜中の12時前後にのぼるので、観察(かんさつ)するためにはおそくまで起きていないと見られません。

26日目の月
二十六夜月(にじゅうろくやづき)
三日月とは(ぎゃく)を向いた月

26日目の月は、夜中の1時から3時の間にのぼり、夜が明けるころに空で白く(かがや)きます。三日月とは(ぎゃく)を向いており、うかんでいる場所も西ではなく東です。

28、29日目の月
【明けの三日月(みかづき)
()()けひとめぐりの月

月は(やく)29.5日で、また新月になります。実際(じっさい)(わたし)たちが見られるのは28、29日目の月まで。季節(きせつ)により地球と月の動きにずれがあるため、最後(さいご)の月が見られる日にちがいがあります。この月は、明け方に(かがや)いて見えるので「明けの三日月(みかづき)」と()ばれています。

まとめ

新月(しんげつ)から明けの三日月(みかづき)まで、日々変化(へんか)する月。月の動きと形の変化(へんか)をみなさん学ぶことができましたか?()()けの形によって、月の名前や()び方もいろいろ。(やく)29.5日でひとめぐりすることから、それが(こよみ)のひと月の単位(たんい)となったことなど人の()らしとも深くつながっているのもわかりましたね。そんな月のふしぎをもっと知るために、今夜、太陽がしずんだらぜひ空を見あげてみましょう。


空の世界トップへ