Hitachi

星空のふしぎ|星空を見あげてみよう

もどる

どうして夜は暗いのかな?

夕やけの時間が()ぎると、あたりはだんだん暗くなって、夜の時間へとかわっていくね。でも、昼間あんなに明るく(かがや)いていた太陽は、どこにいったんだろう。そのかわり、空には星がたくさん見えるようになる。夜になると暗くなるのはあたりまえだけど、みんなその理由は説明(せつめい)できるかな?

夜になると暗くなるのは、
どうしてだと思う?

夜になると暗くなるのは、
どうしてだと思う?

光のあたる(がわ)が「昼」、あたらない(がわ)が「夜」。

ボールが地球で、電気スタンドが太陽だと仮定(かてい)して実験(じっけん)してみよう。スタンドの明りをつけると、ボールの光があたっているところは明るく、光があたっていない反対側(はんたいがわ)は暗くなるよね。つまり明るいほうは昼間で、暗いほうは夜になるということなんだ。地球は1日に1回転しているから、太陽の光のあたりかたによって昼と夜が交互(こうご)にやってくるわけだね。

夜がやってきた。一番星を(さが)そう!

太陽がしずむと、あたりが暗くなって夜になる。いよいよ星たちの出番だね。空を見あげたとき、最初(さいしょ)に見える星を「一番星」とよんでいるよ。とても明るく、めだっているからすぐに見つかるはず。みんなも空を(さが)してみて。美しく(かがや)いている星、それが一番星なんだ。

一番星の正体!「金星」

日没後(にちぼつご)、西の空で(かがや)いている一番星の正体は、ほとんどの場合「金星」だよ。この星は夜中に見えることはなく、夕方か明け方にしか見えないんだ。太陽がしずんだあとに見えるときは「(よい)の明星」、太陽が(のぼ)るまえ東の空に見えるときは「明けの明星」と()ばれているよ。

星空のなかまたち

(まち)あかりのない、空気がすんだところで夜空を見あげると、空いっぱいに数えきれないほどの星が(かがや)いているよね。でも、よく見ると色や大きさ、(かがや)きかたが(ちが)うんだ。ひと言で星といってもいろいろ種類があるけど、大きく5つの種類(しゅるい)に分けられるんだ。

【写真を押すと説明(せつめい)がでるよ。】

星のこと、もっと知ろう。

晴れた日の夜に、空に(かがや)く星たちを見あげることは、とても楽しいし、ずっと見ていてもあきることがないよね。きれいな星をながめていると、あれは何の星だろうと気になることはないかな?夜空に見えている星には、名前がついているんだ。「シリウス」や「カノープス」など、外国語の名前が多いのでちょっとむずかしいけど、それを知ることで、さらに星空の観察(かんさつ)が楽しくなるんだね。

もくじへもどる

空の世界トップへ