Hitachi

もどる

最初(さいしょ)は、電車工場を見てみよう!

日立製作所(ひたちせいさくしょ) 笠戸事業所(かさどじぎょうしょ)(山口県下松市(くだまつし)

たくさんの人を乗せて走る大きな電車。笠戸事業所(かさどじぎょうしょ)では広いスペースと大きな設備(せつび)、そして(はたら)く人たちの高い技術力(ぎじゅつりょく)新幹線(しんかんせん)や世界で活やくする電車をつくっているんだ。

電車はこうして生まれる。

今回は、新幹線(しんかんせん)が生まれるまでを見てみよう。

世界で活やくする日立の電車。

高い安全性(あんぜんせい)快適性(かいてきせい)評価(ひょうか)されている日本の車両づくり。その技術(ぎじゅつ)は、海外の高速鉄道などで活やくしているんだ。アルミ合金を使ったA-trainコンセプトの車両は高い評価(ひょうか)をうけています。この技術(ぎじゅつ)やものづくり力が認められ、2009年12月、鉄道発祥の国、英国で、日立が開発した新しい高速鉄道が走り出し、今も活やくしているんだ。

英国を走るClass395

くわしくは、きのぽんタウン交通の世界の電車工場見学で紹介(しょうかい)しているよ。

次は、家電品工場を見てみよう!

日立アプライアンス栃木事業所(とちぎじぎょうしょ)栃木県(とちぎけん)栃木市(とちぎし)

日立アプライアンスの栃木事業所(とちぎじぎょうしょ)は、東京ドーム20個分(こぶん)の広さで、敷地内(しきちない)に野うさぎもいるくらい自然(しぜん)(ゆた)かな工場なんだ。1945年にオープンし、今は(おも)家庭用(かていよう)のエアコン、冷蔵庫(れいぞうこ)、大気中の(ねつ)利用(りよう)してお湯をつくるヒートポンプ給湯器(きゅうとうき)などをつくっているよ。

冷蔵庫(れいぞうこ)のつくり方。

冷蔵庫(れいぞうこ)は、(やく)800点もの部品でつくられ、組み立てた後に、検査(けんさ)されて、全国のお店に出荷されるよ。1日にできる数は、およそ2,000台。冷蔵庫(れいぞうこ)がよく売れる時期にはおよそ2,500台と、数が()えるんだ。

工程(こうてい)のボタンを押すと詳細(しょうさい)表示(ひょうじ)されます。

つくり方に工夫あり!

ゴミを出さないエコな部品づくり!

冷蔵庫(れいぞうこ)外側(そとがわ)の板は、1枚の金属(きんぞく)をプレス()でコの字に()し曲げるだけ。材料(ざいりょう)をムダなく使うためゴミが出ない、環境(かんきょう)にも配慮(はいりょ)した部品づくりです。

セル生産方式(せいさんほうしき)採用(さいよう)

真空チルド室は、ベルトコンベアで流れ作業をする「ライン方式」ではなく、1人が最後(さいご)まで作業する「セル方式」で組み立てています。多くの種類(しゅるい)必要(ひつよう)(おう)じてつくれるため、大量生産(たいりょうせいさん)によるムダな在庫(ざいこ)()らせます。

工場の世界トップへ