Hitachi

日本のものづくり|ものづくりひみつ

もどる

ものづくり大国・日本!

日本のものづくり技術(ぎじゅつ)は、世界的(せかいてき)にも非常(ひじょう)に高く評価(ひょうか)されていたんだよ。
自動車分野をはじめ、家電製品(かでんせいひん)半導体(はんどうたい)などのハイテク分野でも世界中の人から注目されていたんだ。

それはなんでだと思う?

それはなんでだと思う?

信頼(しんらい)のあかし
「MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)

最新(さいしん)設備(せつび)はもちろん、効率的(こうりつてき)生産方法(せいさんほうほう)、つくるための工夫(くふう)が生きる日本のものづくり。こうした高いものづくり技術(ぎじゅつ)から生み出された日本の製品(せいひん)は、「品質(ひんしつ)」や「安全」「安心」で評価(ひょうか)されているんだ。
「MADE IN JAPAN(メイド・イン・ジャパン)」であることが信頼(しんらい)証明(しょうめい)。日本のメーカーには、(しつ)()製品(せいひん)をつくり(つづ)ける責任(せきにん)があるんだ。

世界に広がる日本のものづくり。

今、日本のものづくりの拠点(きょてん)は、国内だけではなく海外へと広がっている。日本以外(いがい)の国や地域(ちいき)に工場を()てることが多くなっているんだ。これは日本でつくっていなくても、日本のものづくり技術(ぎじゅつ)が世界中で生かされているということ。一方、日本国内の工場では、さらに高い技術(ぎじゅつ)を生み出し、もっと便利(べんり)で多くの人に満足(まんぞく)してもらえる製品(せいひん)をつくるよう工夫(くふう)しているんだ。

社会インフラの分野でも、世界が注目!

日本のものづくりで注目されているのは工業製品(こうぎょうせいひん)だけじゃない。日本は電力や上下水道、鉄道など、みんなが便利(べんり)快適(かいてき)()らせるようにする社会インフラをつくる技術(ぎじゅつ)も高いから、世界中から期待されているんだ。

日立は社会インフラで(まち)づくりに貢献(こうけん)

日立は、社会インフラづくりの技術(ぎじゅつ)やノウハウを世界中に提供(ていきょう)することで、安心・安全で快適(かいてき)(まち)づくりが実現(じつげん)できると考えているよ。そのひみつはIT(情報通信技術(じょうほうつうしんぎじゅつ))の活用があるからなんだ。その強みを武器(ぶき)に、世界中のインフラの建設(けんせつ)整備(せいび)プロジェクトに参加(さんか)しているんだね。

もくじへもどる

工場の世界トップへ