ページの本文へ

Hitachi

日立キッズ

ストロ−で、簡単かんたんにできる笛を作りましょう。

用意するもの

材料ざいりょう

  • ストロー(直径ちょっけい8mmのもの)12本
  • セロハンテープ

【工具】

  • はさみ
  • フェルトペン

きのぽんからのおねが

はさみやカッターでけがをしないように気をつけよう。なれない作業は、おうちの人にやってもらってもいいよ!

作り方

(1)ストロー8本に音程おんていの長さに合わせてしるしをつけます。
ド:16cm
レ:14.2cm
ミ:12.7cm
ファ:12cm
ソ:10.7cm
ラ:9.5cm
シ:8.5cm
ド:8cm

音階のちがい
  ファ
寸法すんぽう(cm) 16.0 14.2 12.7 12.0 10.7 9.5 8.5 8.0
倍率ばいりつ 1 0.89 0.79 0.75 0.67 0.59 0.53 0.5

きのぽんアドバイス

ストローの太さによって微妙びみょう音程おんていわるので、ピアノなどと合わせてみて「ド」の音が16cmピッタリじゃないときは、「ド」のストローを基準きじゅんに、倍率ばいりつをかけていってね!
「ドのストローの長さ」×「倍率ばいりつ」=「それぞれの音程おんていのストローの長さ」

(2)しるしをつけた長さに合わせてはさみでカットし、下がわの口を空気がもれないようにセロハンテープで二重にふたをします。

ドから順番じゅんばんならべ、間に1本ずつ間隔かんかくをあけるためのストローをはさみながらセロハンテープで固定こていします。

ふいてみよう

ストロー笛は、ストローの長さや、太さで音がわります。
たしかめながらいろいろためしてみましょう。

きのぽんアドバイス

上手にふくには、ストローの口に向かって水平に息をふきかけることだよ!びんの口に息をふくと音がするのと同じ原理だよ!

音が出るしくみ

息をふくと、そこ密閉みっぺいされたつつの中で空気が振動しんどうし、音が出ます。
つつの長さによって、振動しんどうわるので、音の高さもわります。