ページの本文へ

Hitachi

日立キッズ

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や性別、国籍、障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人にとって便利で使いやすいように、製品やサービスの幅をひろげていこうという考え方をいいます。

ユニバーサルデザインの7原則

ユニバーサルデザインには、7つの原則があります。

  1. だれにでも公平に利用できること
  2. 自由度が高く、いろんな使い方ができること
  3. 使い方がかんたんでわかりやすいこと
  4. 必要なことがすぐに理解できること
  5. ミスや危険につながらないこと
  6. 無理なく少ない力でも使用できること
  7. スペースと大きさを確保すること

画像

日立製品に使われているユニバーサルデザイン

日立製品にも、ユニバーサルデザインの考え方が使われている製品がたくさんあります。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

ユニバーサルデザインの出前授業

画像

日立では、製品開発者の視点から見たユニバーサルデザインの重要性を子どもたちに伝えるために、グループ社員ボランティアが小学校などに出向いて子どもたちに体験してもらうプログラムを首都圏を中心に実施しています。

プログラム概要

プログラム概要
狙い 利用しやすい生活空間や地域社会の姿を考える
よりよい社会の実現ために、自分たちができることを考える
対象 小学校4〜6年生
学習内容 ユニバーサルデザインの基礎講義
製品開発体験グループワーク
障がい者、高齢者などからのお話
事例紹介とユニバーサルデザインに必要なこと
講師 日立グループに在籍する従業員ボランティア

より詳細な情報は、下記ページをご覧ください。

画像