ページの本文へ

Hitachi

日立グループ

2020年1月24日
株式会社日立製作所
日立オートモティブシステムズ株式会社

[画像]第62回(2019年)十大新製品賞 贈賞式、(左)株式会社日立製作所 執行役常務CTO 兼 研究開発グループ長 兼 コーポレートベンチャリング室長 鈴木教洋、(右)日立オートモティブシステムズ株式会社 エグゼクティブ オフィサー CTO兼技術開発統括本部長 山足公也
第62回(2019年)十大新製品賞 贈賞式
左:株式会社日立製作所 執行役常務CTO 兼 研究開発グループ長 兼 コーポレートベンチャリング室長 鈴木教洋
右:日立オートモティブシステムズ株式会社 エグゼクティブ オフィサー CTO兼技術開発統括本部長 山足公也

[画像]「第62回(2019年)十大新製品賞 本賞」を受賞したEV向け高電圧高出力インバーター(左、中央)および、インバーターに内蔵されている高耐圧高出力直接水冷型両面冷却パワーモジュール(右)
「第62回(2019年)十大新製品賞 本賞」を受賞したEV向け高電圧高出力インバーター(左、中央)
および、インバーターに内蔵されている高耐圧高出力直接水冷型両面冷却パワーモジュール(右)

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と、日立オートモティブシステムズ株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)は、このたび、「EV向け高電圧高出力インバーター」にて、株式会社日刊工業新聞社(以下、日刊工業新聞社)が主催する「第62回(2019年)十大新製品賞 本賞」を受賞しました。

  日刊工業新聞社が主催する「十大新製品賞」は、優秀な新製品の開発奨励や日本の産業界の技術力・競争力向上を目的に1958年に創設され、産業界からの注目も非常に高い表彰制度です。毎年1回、その年に製品化され、発売された新製品の中から十数点が選出されます。

  「十大新製品賞」を受賞した「EV向け高電圧高出力インバーター」は、EVの実用性を高めるとともに長距離ドライブを可能にする800V対応を実現したものです。これにより、EVによる快適な加速性能と充電時間の短縮に貢献します。
  今回の受賞では、高電圧化を実現するためにインバーター全体の絶縁構造を見直すとともに、新たに高電圧対応の絶縁放熱実装技術を搭載した直接水冷型両面冷却パワーモジュールを開発しました。これにより、高い冷却性能を実現しながらも高耐圧化することで、当社従来比で2倍の高電圧化と2.7倍の高出力密度化を実現し、EVによる快適な加速性能と充電時間の短縮を実現した点が高い評価を得ました。

  今後も日立と日立オートモティブシステムズは、モーターやインバーターなど、電動パワートレイン製品・サービスの強化を通じて、お客さまによる電動車両のさらなる普及に寄与し、世界的規模で環境保全に貢献していきます。

関連情報