ページの本文へ

土浦診療健診センタ

Hitachi

「土浦診療健診センタ」沿革

沿革と歴史
昭和13年4月 ((株)日立製作所亀有工場)(東京都足立区)に診療所が開設、
診療が開始される。
昭和24年8月 ベッド数34の病院として病院業務が開始される。
昭和50年3月3日 亀有工場(現在の株式会社日立プラントテクノロジー)が当地、土浦市に
移転したことに伴い、時を同じくして、新築された建屋(現在の本館)に
移転し診療所(無床)として開設される。
外来診療として内科、外科、小児科、眼科、歯科を標榜する。
平成3年2月 健診センタ(新館)が建築される。
平成3年4月1日 健診センタにて、成人病健診(人間ドック)並びに一般各種健康診断を
一元的に行い疾病予防早期発見等の健康管理業務が開始される。
外来診療に整形外科を標榜する。
平成3年8月2日 精神科を標榜する。
平成5年4月1日 耳鼻咽喉科を標榜する。
平成11年4月1日 皮膚科を標榜する。
平成12年3月21日 精神科(心療内科)を標榜する。
平成15年9月1日 泌尿器科を標榜する。