ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

 入院生活は環境の変化に加え、病気やケガによる体力の衰え・運動機能の低下等により、思いがけない転倒や、ベッドからの転落の危険性があります。
当院では、患者さんの安全と治療継続を第一と考え、安全対策を実施しております。具体的には、入院中の履物をかかとのある滑らない靴(ひも靴、革靴以外)を使用していただいたり、必要に応じてベッドの工夫や離床センサーを装着させていただく等を行っています。転倒転落の危険性を十分にご理解いただき、安全対策実施にご協力をお願いいたします。

入院生活での履き物は、【靴タイプ】のものを準備しましょう。

★入院生活は、誰もが転びやすくなります。 なぜなら・・・

                       
  • 住み慣れたご自宅と生活環境が大きく異なります。
  • 病気やケガによる体力や運動機能の低下がみられます。
  • ほんの1日安静にするだけでも、思いがけず筋力が低下していることがあります。
  • 点滴をしたり、身体に管が入っていると、動きにくくなります。
  • 薬によっては、ふらつきが生じるものもあります。

入院生活での履き物は、【靴タイプ】のものを準備しましょう。

スリッパやサンダルなどのようにかかとが覆われていない履き物は転びやすく危険です!

入院中におすすめする履き物
 ◎履きなれていて、足元が安定している、かかとが覆われた靴タイプの履き物が安全です。
 ◎ご自宅で履いている運動靴やスニーカーなどをお持ちいただいても結構です。
 ◎当院売店でもかかとを覆うタイプのシューズを販売しています。
  転びにくいかかとを覆うタイプの履き物で安全な入院生活を送りましょう。

かかとを踏んで歩くことは非常に危険です。注意しましょう!