ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

  1. 当院は「急性期病院」(急性の傷病を治療する病院)です。
    新たに急性期の治療や検査が必要な患者さんに入院ベッドを提供するため、入院当初から退院に向けてお話をいたします。入院期間については、主治医からおおよその入院期間が示されます。この期間を目処に、病状が回復された時点で退院となります。そのため、専門的な治療が終了し、病状は安定したが引き続き治療を必要とする場合、医師の判断でご自宅での療養を含め、病状に適した医療機関や施設への転院をお願いする場合もありますのでご理解とご協力をお願いいたします。

  2. 退院後の療養については、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフ等の院内スタッフや院外の関係諸機関・施設等のスタッフの方々と連携を図りながら、退院後、安心して生活が送れますように計画的にご支援して参ります。退院支援スタッフが具体的に療養場所等のご相談をお受けしておりますので病棟スタッフへお声かけください。

  3. 退院は必ず医師の許可が必要です。許可が出ますと、看護師長が退院日時について、具体的な打ち合わせをさせていただきます。

  4. 退院時はご家庭での日常生活について医師や看護師等から、お薬については薬剤師から説明があります。ご不明な場合は遠慮なくご相談ください。

  5. 退院時に診察券をお返ししますので、忘れずにお持ち帰りください。

  6. 退院時間は原則10:00となっております。午前中に退院できない場合は、看護師長とご相談ください。