ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

2014年4月から放射線治療専門医が常勤となり、それを契機に放射線治療の充実を目指し、放射線治療センターを設立しました。2017年4月からは常勤医が2名となり、より高精度な放射線治療に力を入れていこうと考えています。キャンサーボードで外科腫瘍医、内科腫瘍医、緩和医療医とカンファレンスを行い治療方針を決定し十分なインフォームド・コンセントの上で、放射線治療を行っています。化学療法も積極的に併用し、Evidence Based Medicine (EBM)に準拠した治療を行っています。
また、当センターは日本放射線腫瘍学会認定施設(C)に認定され質の高い医療を提供しています。