ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

緩和ケアとは

緩和ケアとは、病気によっておこるからだと心のつらい症状を和らげる(緩和する)治療のことです。
がんにおける緩和ケアは、病気が進行した時だけでなく、がんと診断されたときからはじまり、治療中も並行して行われます。また、治療が難しくなった時でも何もできないということではなく、痛みや吐き気、食欲不振、だるさ、気分の落ち込み、孤独感などのつらい症状をやわらげていくことができます。

緩和ケアチームとは

医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士など多職種で構成された医療チームです。入院中の患者さんとご家族のからだのつらさ、気持ちのつらさ、経済的な問題など「生活していく上でのあらゆる問題」 について解決へ向けての支援を主治医や病棟スタッフと連携して行います。

【緩和ケアチームにはどんなことが相談できるの?】

  • からだの症状:痛み、吐き気、息苦しさ、だるさ、便秘など
  • こころの症状:不眠、不安、緊張、気分の落ち込みなど
  • その他

今後の治療のことや過ごし方について担当医師とどのように話せばよいのか。
自宅で過ごしたいが自信がなく心配。
薬について相談したい。
ご家族が患者さんと、あるいは患者さんがご家族とどのように接していけば良いのか、どのように話をすればいいのか分からない。  など

【緩和ケアチームに所属する各メンバーの役割】

  • 痛みなどの様々なつらい症状を緩和する [医師・看護師・薬剤師]
  • 気分の落ち込み、不眠などの症状を緩和する [医師・臨床心理士・看護師・薬剤師]
  • お薬の作用や副作用、飲み方などをわかりやすく説明する [薬剤師]
  • お食事の工夫や相談 [管理栄養士]
  • 日常生活の中で安全に動きやすい方法を提案する [理学療法士]
  • 経済的な問題、自宅療養をするための情報提供や転院についての相談を受ける[ソーシャルワーカー]

緩和ケアチームによる支援をご希望の方へ。
当院入院治療中の方は、まず主治医または担当看護師にご相談ください。主治医からの依頼により直接緩和ケアチームが病室へ伺います。
外来通院中の方は、外来担当医、看護師またはがん相談支援センターにご相談下さい。

がん相談支援センター TEL 029-354-6843 (月曜〜金曜日9:00〜16:00)