ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

主とする対応疾患

悪性腫瘍全般:脳腫瘍、頭頸部癌(舌癌、喉頭癌、咽頭癌など)、肺癌、食道癌、消化器癌、子宮頸癌、前立腺癌、乳癌、悪性リンパ腫、骨軟部腫瘍、転移性腫瘍など

良性腫瘍:ケロイド、血管腫など


科の特徴

 放射線治療専門医(常勤:2名、非常勤: 2名)が各種悪性腫瘍に対して放射線治療を行っています。また、医学物理士、品質管理士、放射線治療専門放射線技師、専任看護師がチーム医療を行っています。 原則外来通院で放射線治療を行っているが、通院が困難な患者さんについては、関連診療科に入院の上で治療を行っています。 治療計画用CT, 治療計画装置ならびに高エネルギー放射線治療装置が完備されています。
 また、当科は日本医学放射線学会の放射線科専門医修練機関(治療)ならびに日本放射線腫瘍学会認定施設(C)として認定されています。


診療実績

スタッフ紹介

  • 三橋紀夫(常勤医、放射線治療センター センター長)
    日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本医学放射線学会研修指導医、日本がん治療認定医
  • 池田一(常勤医、放射線治療センター 副センター長)
    日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本医学放射線学会研修指導医、日本核医学学会専門医
  • 河野佐和(非常勤)
    東京女子医科大学病院放射線腫瘍科助教、日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本がん治療認定医
  • 関野雄太(非常勤)
    日本医学放射線学会専門医