ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi


 我が国の急速な高齢化社会の進行により、複数の疾患に悩む患者さんが増えてきております。また、多岐にわたる疾患をもつ患者さんの新規の症状が出現時の病態の解釈、診断は時に特有の難しさをはらむ事がございます。これらの背景から、年々、総合内科の需要は全国的にも高まっております。是非、当科の診療内容をご理解いただき、患者さんをご紹介いただければ幸いです。

体制・実績

 運営体制:医長 柴崎俊一, レジデント・内科後期研修医3〜5名
方針:日中の救急搬送された患者さんの初期対応、病態が不明でどの専門科に紹介すべきか判断しづらい初診や紹介患者さんの対応、上記で入院が必要な患者さんの入院診療をトータルマネージメントいたします。
 教育・研修体制:研修医の先生たちに、知識・技術・態度領域をバランスよく習得していただくよう、医学教育学の理論に基づいた計画的な教育体制をとっております。 また筑波大学の学生のクリニカル・クラークシップを受け入れることで、医学生教育にも協力しております。