ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

 患者さんの検体・情報を用いて臨床研究を実施する際は、口頭または文書で同意を取得します。 ただし、患者さんへの侵襲や介入を行わず、診療情報等のみを用いる研究や残りの検体を用いるような研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さんから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開し、患者さんが利用について拒否できる機会を保障することが必要とされています。これをオプトアウトと言います。 当院でオプトアウトを行っている研究は以下のとおりです。
 ご自身の情報や検体を研究に使用してほしくない場合や研究に関するお問い合わせなどがある場合は、表に記載されている研究担当者までご連絡下さい。研究への参加は自由意思であり、研究に参加されない場合でも不利益を受けることは一切ありませんのでご安心下さい。

承認年月日 承認番号 研究課題名 診療科 研究担当者
2019年6月13日 19-008 本邦における精巣腫瘍患者レジストリの作成およびコホート研究の基盤創出 泌尿器科 山内 敦
2019年8月8日 19-009 茨城心不全評価研究【ICAS-HF 2】 循環器内科 山内 孝義
2019年8月8日 19-010 心不全の発症・重症化の高精度予測とそれに基づく最適な治療法の開発のための心不全レジストリ 循環器内科 崔 星河
2018年12月13日 18-013 内科系医療技術負荷度調査 林 太智
2018年9月13日 18-008 SS-MIX2規格による大規模診療データ収集と利活用に関する研究 泌尿器科 吉井 慎一
2018年9月13日 18-004 緊急消化管手術に対する全身麻酔の際の胃エコーによる胃内容物評価の有用性の検討 麻酔科 岡部 格
2018年9月13日 18-005 アルコール飲料とブドウ糖水摂取後の胃内容量の経時変化の腹部超音波を用いた比較検討 麻酔科 岡部 格
2018年9月13日 18-006 当院での大腿骨人工骨頭置換術に対する末梢神経ブロックの有用性の検討 麻酔科 岡部 格
2016年9月13日 16-008 成人例での超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックの有用性の検討 麻酔科 岡部 格
2016年5月24日 16-002 携帯型3次元超音波断層測定装置による周術期の尿量評価の有用性の検討 麻酔科 岡部 格
2017年7月13日 17-006 歩行感覚提示装置を用いた歩行リハビリテーションが脳卒中患者に与える効果の検証 リハビリテーション科 海老原 一彰
2017年7月13日 17-005 心房細動を合併する冠動脈疾患症例に対するアピキサバン併用下DAPT投与期間に関する医師主導型臨床研究(Ver3) 循環器内科 川村 龍
2015年12月24日 15-009 心房細動を合併する冠動脈疾患症例に対するアピキサバン併用下DAPT投与期間に関する医師主導型臨床研究の参画について(Ver2) 循環器内科 川村 龍
2015年7月22日 15-004 心房細動を合併する冠動脈疾患症例に対するアピキサバン併用下DAPT投与期間に関する医師主導型臨床研究「SAFE-A Study」への参画について 循環器内科 山内 孝義
2017年7月13日 17-007 EGFR-TKI投与後のT790M遺伝子発現状況の茨城県内他施設調査研究 呼吸器内科 山田 英恵
2017年7月13日 17-008 COPDにおける吸入治療選択について 呼吸器内科 山田 英恵
2017年6月8日 17-004 COPDにおける吸入デバイス選択について 呼吸器内科 山田 英恵
2016年10月13日 16-011 透析患者の抗がん剤治療FOLFOX6のTDM 腎臓内科 中島 雅美
2016年8月25日 16-005 青壮年期全身性エリテマトーデス患者の妊娠・出産の経験〜心理的状態の変遷に着目して〜 リウマチ科 林 太智
2016年8月25日 16-006 全身性エリテマトーデス患者の皮膚感染予防行動の実施状況とその関連要因の探索 リウマチ科 林 太智
2016年1月28日 16-001 肺がん手術症例に対する登録研究について 呼吸器外科 間瀬 憲多朗
2016年12月7日 16-012 ロコモティブシンドロームの啓発と予防のための勤労者世代からの転倒リスク解析ならびに介入研究 健康管理科 中谷 敦