ページの本文へ

ひたちなか総合病院

Hitachi

専門医制度と連携したデータベース事業(NCD)への参加について

 患者さんに最善の医療を提供していくため、また、適正な医療水準を維持するために、必要とされる資源や適切な人員配置を明らかにするとともに、外科医が関与している外科手術を体系的に把握することが不可欠です。2011年1月1日から、日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業がおこなわれることになりました。本事業は外科専門医制度のみならず、各種の専門医制度が協働して行う多施設共同研究です。また、データを取り扱う独立した機関として一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構、NCD)が設立され、本事業の管理運営を行うこととなっています。これらの医療の現状把握を目的に実施されるNCD事業にひたちなか総合病院も参加することになりました。

 その方法につきましては、外科系各科の手術をお受けになった患者さんの診療情報(生年月日、性別、入院日、疾患名、手術名、治療法など)を当事業に提出させていただくことになります。個人情報保護法に基づき個人情報が病院外で特定されることのない形(匿名化)で提出されますので、その点はご安心頂き、ご理解の上ご協力のほどよろしくお願いします。

 また、患者さんが本事業に対して、参加を拒否していただくことは可能であり、拒否されても、日常の診療等で不利益を被ることは一切ありません。ご不明の点があれば主治医にご連絡ご相談ください。

 患者さんにご理解頂きたい事柄を以下の資料(PDF)にまとめておりますので、ご一読くださいますようお願いいたします。

 一般社団法人National Clinical Database(NCD)のホームページでは、事業の詳細や倫理的配慮について、掲載されています。詳しい内容については、以下のホームページをご覧下さい。

皆さんの情報の取り扱いについて

NCD事業は、当院が定めております「個人情報保護方針に規定する個人情報の利用目的」のうち以下の項目に該当いたします。

2.上記以外の利用目的
〔他の事業者等への情報提供〕
2.当院が認めた研究等のための情報提供
・匿名化により患者さん本人を特定できない状態にする。匿名化困難な場合は、本人の同意を得る。

  • 病院外に個人が特定可能な情報は、提出いたしません。
  • 「個人情報保護方針に規定する個人情報の利用目的」の定めに従い、お申し出がないものにつきましては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。