ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立総合病院

当院のプログラムの特徴

2〜3年の研修により、外科専門医取得に必要な手術をほぼ全て経験することができます。On the job trainingを中心に、手術症例を指導医、上級医とともに屋根瓦方式で受け持ち、手術、周術期管理、化学療法、緩和医療を経験します。
消化器一般外科・乳腺外科の症例の術者は専攻医が担当します。腹腔鏡手術も増加しており、専攻医も、腹腔鏡下胆摘術や虫垂切除術から開始し、大腸癌や胃癌症例も割り当てています。 そして術後には、内視鏡外科技術認定医とともに手術内容を復習します。また、公平に症例を割り当てるシステムですので、専攻医間での格差はありません。
肝臓、PD、食道手術等の高難易度手術は、モチベーションがあり、外科としてのマネジメントに関わる能力、将来外科の指導を担う能力があると認められた専攻医には割り当てています。
専攻医にも積極的に学会参加、発表をしてもらい、論文投稿を指導しています。

指導医からのメッセージ

募集要項
氏名 診療科 研修医へのメッセージ
酒向 晃弘 【プログラム統括責任者】
外科主任医長
消化器一般外科・乳腺外科は専攻医が主に術者として担当します。救命救急センターもあるため、幅広く様々な外科系疾患を経験できます。まずは、見学に来てください!!
市村 秀夫 【副プログラム責任者】
呼吸器外科
主任医長
肺の手術は3次元的に解剖を理解し、硬い気管支軟骨と脆弱な肺動脈を同時に扱うダイナミックな手術です。呼吸器外科医が関わる呼吸器疾患の多様性も、きっと君の探究心を刺激するでしょう!
渡辺 泰徳 副院長
心臓血管外科
主任医長
心臓から大動脈,さらに末梢血管疾患まで,成人の心臓血管外科疾患の全般を学ぶことができます.ハイブリッド手術室も新設され,大動脈疾患に対する低侵襲手術であるステントグラフト治療も行っていますので,興味のある方はぜひ!
伊藤 吾子 乳腺甲状腺外科
主任医長
乳腺、甲状腺疾患を検診から、診断、治療、終末期まで幅広く診療しています。また、私自身が子育てとキャリアアップの両立に苦労しましたので、外科・乳腺外科を目指す若い女性医師が活躍できるよう応援します。

プログラムの詳細

日本外科学会の一次審査を通過したプログラムの詳細は下記URLからプログラム(PDF)をダウンロード願います。

・日立総合病院 外科専門医プログラム
※日本外科学会のWebサイト内に掲載されているプログラムにリンクしています。

教育連携施設

  • ひたちなか総合病院

応募について

応募締切   随時募集中です。応募前にご連絡ください。
応募書類   (1)履歴書
       (2)医師免許の写し
       (3)初期臨床研修修了(見込み)証明書
       (4)推薦状(原則として在籍している初期研修施設からの推薦状)
       (5)返信用封筒(82円切手貼付)
選考方法   書類選考、面接試験
採用試験   応募後、個別調整の上実施します。
郵送先    〒317-0077 茨城県日立市二丁目1番1号 日立総合病院総務グループ宛
見学・説明会 病院見学やプログラムの説明会は随時受け付けております。
       下記担当までご連絡願います。

【連絡先】
株式会社日立製作所 日立総合病院 採用担当:柴田
電話:0294-23-1111 (内線)6606、メールアドレス:saiyou.nichibyo.nx@hitachi.com
お電話やご送付をいただき取得した個人情報は、採用業務に関してのみ利用いたします。
なお、取得した個人情報は当社の「個人情報保護に関して」に則り安全な管理を徹底いたします。