ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

[画像] 事業所外観

環境への配慮を形にした工場。

事業所概要

2015年に創業50年を迎えた多田機工は、建設・鉱山機械および産業機械用部品の加工・組立を行っている日立建機のグループ会社です。新設した本社工場は、建設時から環境に配慮した工場として2014年4月から稼働しています。

取り組み
  1. 省エネ対策として、事務棟・工場棟は全照明のLED化を実現。さらに建屋に自然光を取り入れるトップライト構造や熱効率の高い断熱材、断熱ガラスを採用しています。
  2. 空調最適化のために事務棟には電気ヒートポンプ空調、工場棟にはガスヒートポンプ空調を導入しました。
  3. 変電設備には超高効率トランスを採用し、エアーコンプレッサーのインバーター化、台数制御運転、電力監視システムなどにより旧工場に比べ電力使用量を12%削減*
    * 工場移転後(2014年6月〜3月の実績比)
  4. 工場棟屋根全面に発電能力509kWの太陽光発電パネルを設置しています。
その他の活動

社会貢献活動の一環として、千葉県里山条例認定団体「豊富どんぐりの森」主催の里山保全活動に参加するとともに、毎月1回、事業所周辺の「ゴミ拾い」や「構内清掃」を実施しています。

この事業所の認定項目

[画像] 高効率照明の導入

高効率照明の導入
事務棟・工場棟は全照明のLED化を実現(2015年度実績)

[画像] 廃棄物等循環利用

廃棄物等の循環利用
最終処分率0.1%未満、電子マニフェスト登録率100%達成(2015年度実績)

製品紹介

[画像] 建設・鉱山機械用部品

建設・鉱山機械用部品
小型から超大型建設機械の構造用機械部品及び油圧機器の精密部品を提供しています。