ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

[画像] 廃棄物がリサイクルで原料に変身!

廃プラスチックをそのまま捨てることなくプラスチック原料にするマテリアルリサイクルを進めています。

日立オートモティブシステムズ 佐和事業所は、自動車電子機器、エンジン機器、電装機器の研究・開発・設計・製造を行っています。特に、廃棄物の再資源化を重点的に推進しており、廃棄物を約80種類に細かく分別。それぞれについてリサイクルルートを確立していくことで、最終処分率0.1%未満を達成しました。例えば、部品トレイや発泡スチロール、梱包材などの廃プラスチックは、"プラスチック原料"に戻すマテリアルリサイクルを重視し、材質の分別を全従業員が徹底しています。これにより、2015年度は165トンのリサイクルを実現しました。また、テクニカルセンタの屋上に太陽光パネルを設置し、事業所の電力として利用しています。

[画像] 資源をムダにしないという考え方が従業員に着実に浸透しています。

この事業所の認定項目

[画像] 再生可能エネルギー活用

再生可能エネルギーの活用
工場敷地内に100kWの太陽光発電システムを導入(2015年度実績)

[画像] 廃棄物等循環利用

廃棄物等の循環利用
徹底した分別で国内最終処分率0.1%未満、電子マニフェスト登録率100%達成(2015年度実績)

製品紹介

[画像] 筒内噴射(DI)エンジンシステム

筒内噴射(DI)エンジンシステム
CO2規制対応の高効率エンジン制御システムです。

[画像] ハイブリッド電気自動車(HEV)システム

ハイブリッド電気自動車(HEV)システム
エンジンとモーターの組み合わせにより、動力を高効率に制御するHEVは、低燃費かつ低排出ガスを実現します。