ページの本文へ

Hitachi

企業情報環境への取り組み

2020年2月5日

日立が、水セキュリティに関する先進的な取り組みにより、国際的な非営利団体CDP※により、最高評価である、CDP水セキュリティ「Aリスト」企業として認定されました。

日立は、環境長期目標「日立環境イノベーション2050」で、水の利用効率を2050年度までに50%改善(日立グループ内2010年度比)することを掲げています。事業継続に必要な水資源を適正かつ効率的に利用することをめざしており、2019年度は「水リスクガイドライン」を作成し、日立のグループ・グローバルでの水問題についてリスクの特定・対応を進めています。
このたびのCDP水セキュリティ「Aリスト」認定は、こうした日立の水資源に関する取り組みが高く評価されたことによるものと考えております。今後も、日立は、環境に配慮した製品・サービスの開発・普及に努め、持続可能な社会の実現をめざしていきます。

 
※ CDPについて
CDPは、環境問題に高い関心を持つ世界の機関投資家や主要購買企業の要請に基づき、企業や自治体に、気候変動対策、水資源保護、森林保全などの環境問題対策に関して情報開示を求め、また、それを通じてその対策を促すことを主たる活動としている非営利組織で、環境問題に関する情報を提供する情報開示プラットフォームの一つ。2019年は、8,400強の企業などがCDPを通じて環境問題対策に関する情報開示を行った。

ロゴマーク: CDP A LIST 2019 WATER As a Water A list company we're leading corporate action & transparency on water risk

※記事の内容はすべて掲載当時のものです。連絡先等、現在と異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。