ページの本文へ

Hitachi

企業情報CSRへの取り組み

社会イノベーション事業を通じて、安全で豊かに暮らせる未来を創出します

世界情勢が日々、変化する中、政治、経済、環境などあらゆる側面で、社会やお客様の課題が多様化・複雑化しています。また昨今、IoT(Internet of Things)やデジタル化といった潮流が、ビジネスや人々の暮らしを大きく変えようとしています。
日立は2016年5月、新たな時代の変化を先取りし「IoT時代のイノベーションパートナー」となるべく、2018中期経営計画を策定しました。「電力・エネルギー」「産業・流通・水」「アーバン」「金融・公共・へルスケア」を注力分野として、お客様の近くでサービスを開発・提供するフロント、迅速かつ効率的なサービス提供を可能にするプラットフォーム、グローバル競争力のあるプロダクトの3階層で構成されるマーケットドリブンな事業体制を始動させました。
日立は、これまで「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念を礎として、人々が安全で豊かに暮らせる未来の実現に向けてITと制御・運用技術を活用し、高度な社会インフラシステムを提供する「社会イノベーション事業」をグローバルに展開してきました。今後は、デジタル技術の活用で進化した社会イノベーション事業によって、お客様やパートナーと課題を共有し、ともにソリューションをつくり上げる「協創」を加速していきます。
また、社会イノベーション事業を通じて日立が提供するソリューションは、重要な社会資本として何十年もの間、人々の生活を支えていきます。環境問題への対応についても、数十年後の地球環境を予測し、企業活動が環境にどのような影響を与えるかをしっかりと見据えて取り組む必要があります。日立は、「低炭素社会」「高度循環社会」「自然共生社会」の3つを実現するための環境長期目標「日立環境イノベーション2050」を策定しました。その実現に向けて、革新的な技術やソリューションの開発にも取り組んでいきます。

この変革期だからこそ、日立はよりスマートで、スピーディに、お客様に新たな価値を創出し、人々の「Quality of Life」の向上に貢献するとともに、社会の持続可能な発展と、企業としての成長をめざしてまいります。

株式会社 日立製作所
執行役社長兼CEO
東原敏昭

サステナビリティレポート ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。