ページの本文へ

Hitachi

社会貢献活動

2017年度「日立-DST南アフリカ技術者育成スカラシップ・プログラム」

2017年9月~11月

      
  • 人づくり

2017年11月21日、2017年度の「日立-DST*1南アフリカ技術者育成スカラシップ・プログラム」に参加した6名の研修生が、約2カ月間の日本での研修を終えた総括として研修報告会を実施しました。報告会では、研修を通じて学んだ水処理技術や、渇水や配管の老朽化といった自国の課題について発表しました。また、帰国後には報告会やレポートにて自身の日本での技術的、文化的経験について上司や同僚と広く共有し、母国のさらなる発展に寄与する決意を新たにしました。今年度の報告会には在日南アフリカ共和国大使館や日立グループ関係者約30名が出席し、研修生の報告に耳を傾けました。

本プログラムは南アフリカの若手技術者を育成する目的で、2009年より日立製作所と南アフリカのDSTが共同で技術者を日本へ招聘し、研修の機会を毎年提供しています。研修生は日立の最新技術や日本の水処理についての理解を深めるため、研修期間中に日立グループの関連施設での技術研修や、さまざまな自治体の浄水場や下水処理場などの視察を行っています。

*1 Department of Science and Technology(科学技術省)

修了証書を手にした研修生と研修報告会の出席者在日南アフリカ共和国大使館へ表敬訪問

左:修了証書を手にした研修生と研修報告会の出席者 / 右:在日南アフリカ共和国大使館へ表敬訪問

事業所・グループ会社 日立製作所 CSR・環境戦略本部
  • CSRへの取り組み
  • 日立グループ環境への取り組み
  • [画像]日立キッズサイト
  • [画像]日立財団
  • [画像]財団ニュースレター(日立の財団)